目次
  • ▼ SDカードリーダーを使うメリット
  • ▼ 撮影した動画や写真をすばやくSNSにアップ
  • ▼ 無料のアプリでファイル管理も楽々に
  • ▼ MFi認証について
  • ▼ SDカードリーダーで、感動を今すぐ共有しよう!

SDカードリーダーを使うメリット

iPhoneに搭載のカメラは高性能で、普段写真を撮る分には全く支障のないレベルとも言われています。しかし、高機能かつ高画質で写真や動画の撮れる一眼レフなどにこだわりを持っている人も多く、iPhoneと使い分けているカメラ愛好家も多いはずです。
一眼レフなどで撮影した写真や動画をiPhoneで楽しみたい時、これまでは一度パソコンに取り込んでからiPhoneに移す作業が必要でした。
しかし、iPhoneに直接挿せるSDカードリーダーがあればその必要はありません。撮影した写真や動画を外出先でも素早くiPhone上で確認することができます。また、紛失時に便利な連絡先のバックアップや機種変更時に役立つデータのバックアップも可能です。

撮影した動画や写真をすばやくSNSにアップ

「iPhoneに直接挿せるSDカードリーダー7選」の2枚目の画像
Photo on Visualhunt

ソーシャルメディアにカメラで撮影した写真や動画を投稿する際、PCに取り込んでからアップロードしてから投稿する人も多いはず。iPhoneに直接挿せるSDカードリーダーがあれば、撮影した写真や動画を素早くソーシャルメディアにアップして共有することが可能になります。
旅行先などで今この瞬間をすぐに共有したいという時、大変便利になります。また、Wi-Fiによる転送に対応した製品やモバイルルーターやバッテリーなどの機能を兼ね備えた多機能モデルまで様々な種類の製品があるのも特徴です。

無料のアプリでファイル管理も楽々に

各社が無料で提供しているアプリをダウンロードして使用することで、さらに便利に使うことができます。例えば、メモリーカードを一度フォーマットして使いたい場合もパソコンを使わなくてもアプリ上で簡単に操作することが可能です。また、ファイルを圧縮したり、圧縮されたファイルを解凍したりするのもアプリ内で操作が可能になります。

MFi認証について

製品の説明を読んでいると頻繁に登場する「MFi認証」という文字があります。
MFiとは”Made For iPhone”の略称で、すなわちiPhone向けに作られた製品という意味を表しています。「MFi認証」は、アップルが提供している認証プログラムをクリアした製品のみ名乗ることができるのです。従って、より製品を安心してお使いいただきたい場合には、この「MFi認証」を取得している製品を基準に選ぶのがオススメです。しかし、MFi認証の製品はMFi認証非対応の製品に比べて価格が高くなってしまうため、予算の都合に合わせて製品を選んでみてください。

Apple公式MFi認証を取得「ADATA」ALRAI910CWH

付属のUSB/Micro USB コンボケーブルで、スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、デスクトップなどあらゆる端末で使用することが可能になります。信頼できるADATAの品質、耐久性、互換性によってApple Made for iOS(MFi)認定を取得。接続する端末のセキュリティ面に関して安心して使用することができます。

専用アプリでファイルの管理も楽々「Transcend」TS-RDA2W

カードスロットが2つ搭載されているため、最大で256GBまでストレージを拡張できます。無料で提供されている専用のアプリを使用することで、メモリーカードのフォーマットやファイルの圧縮・解凍、隠しファイルやフォルダの表示まで全て簡単に行えるようになります。また、MFi認証を取得しているのでセキュリティ面も安心です。

専用アプリで音楽の再生やドキュメント表示も可能に「Logitec」LMR-MB08SV

SDまたはmicroSDのどちらでも転送が可能。写真や動画をバックアップする時は、複数選択や全選択が行えるので一度にたくさんのデータをコピーすることができます。アプリを使うことで、音楽データの再生やドキュメントデータを表示させることが可能。MFi認証も取得済み。パソコンと接続して、データ通信ができるmicroUSBケーブルも付属しています。

Wi-Fi高速転送も可能な多機能リーダー「ラトックシステム」REX-WIFISD2

最新Wi-Fi規格IEEE802.11acに対応しているので、iPhoneからWi-Fiを使ってSDカードにアクセスすることができます。最大5台の端末から同時アクセスも可能です。専用のアプリを使うことで、簡単にファイルの管理が可能に。また、モバイルバッテリー(容量2600mAh)としても使用できるので、出先の急なバッテリー切れに対応できる嬉しい機能も付いています。

360度カメラで撮影した写真も閲覧できる「PhotoFast」CR-8710

「CameraRoll+」というアプリを使うことで、様々な機能を手軽に使用することが可能です。例えば、360度カメラで撮影した画像データを360度風に表示させることができます。また、アプリ上では写真データのEXIF情報と呼ばれるカメラの設定や撮影日時に関する情報を閲覧することができ、SNS等他のアプリへのシェアも簡単です。

デザイン性の高いコンパクトモデル「サンワサプライ」ADR-IPLSDW

専用のアプリ「POWER DRIVE」を使うことで、手軽にデータの転送を行えます。シンプルかつデザイン性の高いモデルで、サイズも W39.4×D32×H8.8mm となっており、重量がたったの12gと大変コンパクトなサイズになっているので持ち運びにとても便利。ケーブルタイプなのでケースを付けたままプラグを差し込めるので邪魔になりません。

有線LANをWi-Fiとしても利用可能「IODATA」ポケドラ WFS-SR01

こちらのカードリーダー「ポケドラ」は、SDカードやUSBメモリーのデータの転送をWi-Fiで行うことができます。また、Wi-Fiルーターとしての機能を備えているため、旅行や出張先のホテルなどで有線LANをWi-Fiとして利用することができます。さらに、モバイルバッテリー(容量2600mAh)としても使用することができます。

SDカードリーダーで、感動を今すぐ共有しよう!

「iPhoneに直接挿せるSDカードリーダー7選」の10枚目の画像
Photo on Visual hunt

iPhoneに直接挿せるSDカードリーダーがあれば、旅行先でも簡単にその場で写真や動画をiPhoneで確認することができます。また、一度ホテルに帰ってからパソコンを使って写真や動画をソーシャルメディアにアップロード……などの必要はなく、iPhoneに直接挿せるSDカードリーダー1つでどこでも好きな時に素早く写真や動画をシェアすることができます。一度体験してみたらその便利さにきっと驚くはず。今回紹介したSDカードリーダーを参考にして、是非購入してみてはいかがでしょうか。

参考サイト

▼開く

関連トピック

トピックから記事を探す

関連するおすすめ記事

昨日のアクセスランキング

前日に人気のあった記事一覧

人気ランキング

ピックアップ記事

Digmo編集部おすすめの記事一覧

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

Digmoおすすめの特集

特集一覧

人気のトピック

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP