サコッシュは休日バッグに最適

「お洒落サコッシュが人気急上昇中! おすすめはこの10点」の1枚目の画像

https://image.rakuten.co.jp

散歩や近所への買い物など、ちょっと出かけるときに意外と困るのがバッグ。財布とスマホとキーケースだけでいいとはいえ、ポケットに入れるにはちょっとかさばるし、無理矢理入れるとパンパンに膨らんでカッコ悪い。

ウエストポーチぐらいのサイズ感がちょうどいいのですが、これをカッコ良く身につけるのはなかなか難しいもの。どうしてもダサいイメージがありますから。男性が持ってカッコいい小さいバッグって意外と難しいんですよね。そこでおすすめなのが、昨今人気急上昇中の、薄くて小さいショルダーバッグのサコッシュです。

サコッシュって?

「お洒落サコッシュが人気急上昇中! おすすめはこの10点」の2枚目の画像
Photo on Visual Hunt

サコッシュとは元々は自転車レース選手が使用していたバッグ。飲み物などを入れておくために選手が使っていたもので、レース中でも荷物をすぐ取り出せるように作られたバッグです。そのため、アウトドアブランドが手がけているものがほとんどでしたが、アウトドアブームとともにファッションアイテムとして人気に火がつきました。メゾンブランドもこぞってレザー仕様のサコッシュをリリースするなど、その人気は世界規模になり、トレンドというよりも定番として認知されつつあります。

サコッシュの特徴はなんといってもその薄さ。必要最低限のものがちょうど収まるサイズ感が、ちょっとそこまで買い物になんてときには本当に便利です。

ハイブランドやレザーブランドのサコッシュは多々ありますが、休日バッグにおすすめしたいのは気軽にガシガシ使えるナイロンやコットン素材のもの。アウトドアファッションがブームでもありますし、アウトドアブランドのものがイチオシです。

BRIEFING(ブリーフィング)

ブリーフィングのサコッシュは、軽量な70デニールのリップストップナイロン素材。B5サイズまで対応しているので、小さいながらも意外と収納力があります。内側の吊りポケットに収納できるパッカブル仕様となっており、小さいバッグがさらに小さくなっちゃいます。旅行のときなど持ち運びにも便利です。ストラップ調整のための赤い金具もいいアクセントに。

CHUMS(チャムス)

ペンギンロゴでお馴染みのチャムスからは、スウェットとナイロン素材という珍しいコンビネーションのサコッシュをご紹介。ショルダーは取り外し可能で、バッグインバッグとしての活用も可能。ポケットの内側にはキーリング付き。カラフル、柄モノなど、着こなしのポイントとなるラインナップが揃っています。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

飛ぶ鳥を落とす勢いの人気ブランド、ザ・ノース・フェイスからは変わり種をご紹介。三角形の変わった形のバッグは、本来はバックパックのショルダーハーネスに着用して使用するものですが、使い方はあなた次第。表面は高い防水機能を備えた保護コーティングが施され、止水ファスナーを使用と高機能。この小ぶりのバッグあなたならどう使いますか?

AVIREX(アヴィレックス)

ミリタリーウェアブランドのアヴィレックスの、ショルダーバッグとウエストポーチの2WAYで使えるバッグ。ジッパー付きのメインポケットはB6サイズまで収納可能。前面にはスナップボタン式ポケットと差し込みポケット、ブランドロゴがプリントされたフラップを開けたところにもポケットが。小さいながらも武骨で男らしいデザインは、アヴィレックスならではです。

KANGOL(カンゴール)

待望のショップがこのほど渋谷に誕生し、ますます人気のカンゴール。B5サイズまで収納可能なサコッシュは、フロントのポケットがマグネット式で荷物の出し入れがスムーズに行えます。ショルダーは着脱可能で、ポーチやクラッチとしても使用可能。ジップやポケット、ロゴの配置だけでこうもお洒落にきまるのは老舗英国ブランドだからこそ。落ち着いたカラバリは、どんなファッションにも馴染みます。

ManhattanPortage(マンハッタンポーテージ)

サコッシュのいいところはユニセックスで使えるところですが、マンハッタンポーテージのこのサコッシュは、親子でも使えるサイズ感。W20×H15cmとポーチサイズのコンパクトさでショルダーも細いため、子ども用のポシェットにも最適です。3層構造なので、荷物の仕分けも便利で、小さいながらも機能的。サイドの赤いブランドタグがほどよいアクセントになっています。

WILD THINGS(ワイルドシングス)

ワイルドシングスのサコッシュは、軽量で丈夫な610デニールのポリエステルコーデュラー製。メインルームはスナップボタン式で開閉。内側にはフラップポケットがひとつ、フロント部分にはファスナー式ポケットが備わっています。着脱可能なショルダーパットが付属しているので、体への負担が軽減。ショルダーパッドを外せば、別売りのバックパックに装着することが可能なので様々なシーンで活用できます。

karrimor(カリマー)

カリマーのサコッシュは、アウトドアブランドだけあって機能的です。メインルームの開口部はスナップボタン&前折れ式。開口部が前折れであることで、雨のときでも水の侵入が防げます。フロントには、ファスナーポケットとマジックテープで開閉するメッシュポケットがあり、荷物の整理も快適にできそう。約5cmのマチつきなので小さいながらも収納力もバツグンです。

Columbia(コロンビア)

これぞサコッシュというシンプルなデザインは、アウトドアブランドコロンビアのもの。メインルームにはふたつのスリーブポケット、フロント部分にはメッシュのポケットを搭載。メッシュポケットのお陰で、派手なトロピカル柄もシックな印象に。ショルダーストラップは取り外しがしやすいオリジナルのバックル仕様です。

PORTER(ポーター)

ポーターのカジュアルシリーズ「コッピ」のサコッシュ。素材には、コットンポリエステルクロスを使用。撥水性を高めるためにパラフィン加工が施されているため、汚れた際のお手入れも楽ちん。立体感のある作りとなっているので、マチはありませんが意外と収納力も。背面にジップポケットがついているのも嬉しい点。オイル感を残した仕上げとなっていて、使いこむほどに味が増していきます。

サコッシュの魅力は気軽に使えるっていうところ。財布とスマホとカギだけ持って、さっと身軽に出かけられるから、休日もアクティブにすごせそう。ぜひ、お気に入りのサコッシュを見つけて楽しい休日を!

参考サイト

▼開く

関連する記事

こんな記事も読まれています

関連トピック

トピックから記事を探す

関連するおすすめ記事

昨日のアクセスランキング

前日に人気のあった記事一覧

人気ランキング

ピックアップ記事

Digmo編集部おすすめの記事一覧

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

Digmoおすすめの特集

特集一覧

人気のトピック

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP