大人の男なら休日はお洒落なシャツを

ビジネスマンにとって、休日のファッションは意外と悩ましい問題のようです。平日はスーツを着ていればいいのですが、30代40代の休日のファッションが20代の若者と同じでいいのか…。Tシャツやスウェットといったラフな服もいいですが、ラフ過ぎるとダラしなくなく見えたり、若造りが痛々しかったり…。30代を過ぎたら休日だって大人っぽく年相応でありたいものです。

そんなときはやっぱりシャツの出番。襟付きのシャツなら、清潔感があって大人っぽさを簡単に演出できます。ビジネスマンにありがちな、「平日のスーツは素敵なのに休日の私服がダサい!」というギャップ萌えならぬ“ギャップ萎え”も、平日休日ともにシャツという共通項があれば回避できるんです。

とはいえ、ビジネス仕様のワイシャツを休日に着るのはNG。中にはオンオフ兼用できる万能なシャツもありますが、基本は使い分けがおすすめ。そのためには、休日用のシャツをワードローブに加えておきたいところです。

汎用性の高さもシャツの魅力!

シャツのよいところは、何にでも合わせられるという点。

どんなボトムスにも合わせられるし、ジャケットやニットのインナーにしたり、Tシャツのアウターに羽織ったり、もちろんシャツイチでもサマになります。
要するに、休日着られるシャツを持っていれば、オフスタイルの幅が広がるってわけです。

おすすめのシャツブランドは?

「休日のお洒落シャツはこの10ブランドがあればいい!」の3枚目の画像
Photo credit: Cold Noodle on Visualhunt / CC BY-SA

では、どんなシャツを選ぶべきかというと、大人なら名のあるブランドを選ぶのが正解です。

まずおすすめしたいのは、「オリアン」や「フィナモレ」などのシャツ専業ブランド。上質な生地を使っているので肌触りもよく、仕立てもいいので驚くほど動きやすい。リラックスしたい日や、アクティブに動く時にもぴったり。少々値は張りますが、買ってみる価値は大いにあります。

また、ハイブランドの光沢がある上質な素材のシャツは、大人の艶出しにうってつけです。今回は、老舗のシャツ専業ブランドからカジュアルブランド、ハイブランドまで、これさえ持っておけば休日ファッションがお洒落になる10ブランドのシャツをご紹介します。

Brooks Brothers(ブルックス ブラザーズ)

1枚は持っておきたい定番中の定番、ブルックス ブラザーズのボタンダウンシャツ。ファッションデザイナー、トム・ブラウンをはじめ、名だたるファッショニスタもブルックス ブラザーズのシャツを愛用しています。

白シャツとともにおさえておきたいのが、このシャンブレーシャツ。生地には上質なイタリア製を使用。ややストレッチが効いているため、着心地は快適。シャツにありがちな窮屈感はありません。

シャツイチはもちろん、タイドアップしてジャケットのインナーに着ても洒落感がアップします。

「休日のお洒落シャツはこの10ブランドがあればいい!」の4枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp

Ralph Lauren(ラルフローレン)

春夏シーズンにぴったりの爽やかなマドラスチェック柄はラルフローレンのもの。

昨今はオーバーサイズが流行ってますが、シャツに限って言えばジャストサイズを選ぶのが正解。いい歳した大人がラフにシャツを着ていたら、ダラシなく見えるだけです。

このシャツは体のラインにほどよく沿った、ややスリムなシルエット。そのため、こんなカジュアルなシャツでも上品さを損ないません。洗いのかかったリネン生地なので、真夏でも着られます。

洗いざらしのまま着て、袖をロールアップしてヌケ感を出すのが◎

「休日のお洒落シャツはこの10ブランドがあればいい!」の5枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp

TOMMY HILFIGER(トミーヒルフィガー)

上品なアメリカンカジュアルを得意とするトミーヒルフィガーだけあって、オーバーチェック、マドラスチェックにボーダーと色柄が豊富。

トミーヒルフィガーのシャツは通常ゆったりとしたアメリカンサイズですが、このシャツはスリムフィットな仕上がりとなっていて、シャツイチでもきれいなシルエットがかないます。

「休日のお洒落シャツはこの10ブランドがあればいい!」の6枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp

Finamore(フィナモレ)

1952年に創業したイタリアの老舗シャツブランド、フィナモレ。ハンドメイドで作られる微細なステッチや、熟練の技術を要するアイロンワークによって作られる柔らかな着心地、そして美しいシルエットが特徴。

長い歴史に裏打ちされたその高い技術力は、イタリア屈指と言っていいでしょう。このカジュアルなカプリシャツにおいても、ドレスシャツ同様の上品さがあります。これはフィナモレでなくては醸し出せません。

価格もそれなりですが、上品で艶がある男を目指すならぜひ一枚は持っておくべきブランドです。

「休日のお洒落シャツはこの10ブランドがあればいい!」の7枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp

BARBA(バルバ)

ナポリのシャツブランド、バルバは毎年数ミリ単位でパターンを見直し、着心地やシルエットの美しさを追求。そして、伝統的なナポリのハンドメイドスタイルを大切にしながらも、トレンドを上手く取り入れることも忘れません。

こうした探究心によって生まれるバルバのシャツは、豊富な襟型と巧みなファブリック使いが特徴です。このシャツもバルバらしく、まるでヴィンテージデニムのようなリネン100%の生地に、大胆な花柄のプリントを施しています。

シルエットも美しく、背面のダーツによってウエストがシェイプしているので着痩せ効果も見込めます。

「休日のお洒落シャツはこの10ブランドがあればいい!」の8枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp

ORIAN(オリアン)

名実ともに人気のオリアンですが創業は1990年と、イタリアシャツ業界のなかでは新しいブランド。

そのシャツの特徴は、なんといってもマシンメイドによる細かなステッチです。1cmに8針縫う精密なステッチによって、マシンメイドでありながらハンドメイドのような柔らかな着心地を実現。最近はこのデニムディヴィジョンのようなカジュアルラインも人気。

ショルダーヨークや両胸のフラップポケット、スナップボダンとデザインは正統派サファリシャツなのに、オリアンが手掛けるとこんなにも上品な仕上がりに。これぞまさしく、休日の大人シャツです。

「休日のお洒落シャツはこの10ブランドがあればいい!」の9枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp

LUIGI BORRELLI(ルイジ ボレッリ)

子どもっぽい印象のギンガムチェックだって、上質な生地のものを選べば、大人の男性に最適。柄のかわいらしさと、生地のツヤ感が相まって、不思議な大人の魅力が醸し出されます。

そこで、イタリア名門カミチェリア、ルイジボレッリの出番です。ルイジボレッリのシャツは、英国王室御用達であるトーマスメイソンの生地を採用。

そんな高級生地を使用したタータンチェックのボタンダウンシャツ「ケーブル」は、傑作と言われたヴァレリオの後継モデルで、従来品よりコンパクト。ですが窮屈さはなく、手縫いでイセ込んだ肩と袖付けによって、動きやすさと美しさが両立しています。

「休日のお洒落シャツはこの10ブランドがあればいい!」の10枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp

Paul Smith(ポール・スミス)

紳士の国、イギリス生まれのポール・スミスは、伝統的なテーラーの技術を踏襲しながらも、遊びゴコロがある茶目っ気たっぷりなデザインを得意としています。

だからシャツの仕立てがいいのは言わずもがな。そしてこのフツーに見えるチェックのシャツにも遊びゴコロが。しかも一番上のボタンホールのステッチが赤色と細部まで茶目っ気たっぷり。

見えないところでハメはずすなんて、さすがはポール・スミスさん!

「休日のお洒落シャツはこの10ブランドがあればいい!」の11枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp

BURBERRY(バーバリー)

真っ白さがまばゆい至極シンプルなバーバリーの半袖ボタンダウンシャツ。

無駄な装飾が一切なく、胸ポケットにロゴの刺繍があるのみ。素材には高品質なことで知られるコットンポプリンを使用。肌触りが滑らかな薄手の生地を採用することで、爽やかな着用感を得られます。台襟の内側にバーバリーのアイコンであるチェックを忍ばせているところが心憎い。

シンプルなシャツこそ、こんな上質なものを選びたいもの。真夏でも快適に過ごせそうな一枚です。

「休日のお洒落シャツはこの10ブランドがあればいい!」の12枚目の画像

https://search.rakuten.co.jp

DOLCE&GABBANA(ドルチェ&ガッバーナ)

ドルチェ&ガッバーナといえば、個性的なデザインで人気ですが、こんなシンプルなシャツだってちゃんとございます。

ハイブランドなのに価格がそれほど高くなく、シンプルなことから普段使いとして愛用しているビジネスマンも多いそう。カフスにはシャツと同色の糸で刺繍された「DG」ロゴが。そして、エレガントな光沢があるボタンにはブランドネームの刻印。あくまでもさり気ない主張に大人の余裕を感じさせます。

ビジネスだけでなく、オフの日にデニムと合わせるだけでも、好感度の高いきれいめカジュアルスタイルが完成します。

「休日のお洒落シャツはこの10ブランドがあればいい!」の13枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp

自分にぴったりのシャツブランドを見つける

「休日のお洒落シャツはこの10ブランドがあればいい!」の14枚目の画像
Photo credit: Cold Noodle on Visualhunt / CC BY-SA

無地、チェック、花柄など色々なタイプのシャツを紹介しましたが、お気に入りはみつかりましたでしょうか?まずはブルックスブラザーズのような定番をおさえてみるのがおすすめ。そこからいくつかのブランドのシャツを着てみてください。そうすると、自分の体にぴったりと合うブランドが見つかるはずです。

参考サイト

▼開く

関連トピック

トピックから記事を探す

関連するおすすめ記事

昨日のアクセスランキング

前日に人気のあった記事一覧

人気ランキング

ピックアップ記事

Digmo編集部おすすめの記事一覧

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

Digmoおすすめの特集

特集一覧

人気のトピック

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP