筋肉痛もむくみもおまかせ!おすすめフットバス6選

一長一短!?タイプ別フットバス

フットバスには大きく分けて4つのタイプがあります。
①バケツやタライのように単純なお湯を入れるための容器
②水やお湯を注いで電源を入れると、泡などでマッサージするタイプ
③水を注ぐと適温まで加熱してくれるタイプ
④水を使わずに電動で足を温めるタイプ

一般的に、①が最も安価で、②、③、④と進むにつれて高価になります。
また、①~③の水を入れて使うタイプは値段が手ごろで、入浴剤やバスソルトを使うことで様々な香りが楽しめます。しかし、使用後の水を捨てるために運ぶ手間がかかることと、保温性が電熱式に比べて弱いのが欠点です。
反対に④は、温める範囲が大きい、保温性が非常に高い、横になって使えるなどのメリットがありますが、高価でかつ、電気代がかかるというデメリットがあります。ただし、電気で温めるタイプのフットバスは排水が不要でお手入れが楽なため、年配の方への贈り物にピッタリです。

今回は②~④のフットバス6種類をご紹介します。
フットバスにはそれぞれ一長一短があります。よく比較検討してあなたに合った物を見つけてください。

気泡と振動のダブル効果に角質ケアも! 「アルインコ フットリラ ライム MCR7814 」

気泡と振動のダブル効果で足の疲れをとるフットバスマシン
付属品としてマッサージローラー、角質取り、ポイントマッサージがついており、足湯だけでなくマッサージも楽しめます。なお、お湯を入れて使用するタイプですが、水を捨てやすい便利な排水口がついています。

価格は手ごろですが、「作動音が大きい」という口コミが多く寄せられているため、夜遅い時間や集合住宅での使用にはあまり向かないかもしれません。

「日々の疲れをじっくり癒す・おすすめフットバス6選」の2枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/

保温機能付きでいつでもポカポカ 「高陽社 足湯器 冷え取り君 FB-C80」

水温を38℃にキープする保温機能が付いた電動フットスパ。タイマー設定ができ、いつでも好きな時間に足湯が楽しめるほか、足板の角度を変更できるので、椅子やソファの高さを問わず使うことができます。

お湯を入れるタイプのフットバス最大のデメリットは重いことと排水が面倒なこと。でも、「冷え取り君」には排水用のホースとキャスター、手すりがついており、移動や排水も簡単です。さらに、防汚樹脂を採用しているのでお手入れも簡単です。

「日々の疲れをじっくり癒す・おすすめフットバス6選」の3枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/

ふくらはぎからつま先までしっかり温熱!「フジカ スマーティ レッグホット」

炭の遠赤外線効果を応用したホットフットスパです。「足のむくみと冷えを取ることで体を健康にする」というコンセプトのもと、暖房器具を開発するメーカーによって作られました。むくみが気になるふくらはぎからつま先までをしっかりカバーし、適度な圧力を加えてコリをほぐします。しかも、水を使用しないので、寝たまま足湯が楽しめます。また、ヒーターと電源の安全装置が二重になっており、安全性にも注意を払っています。

「日々の疲れをじっくり癒す・おすすめフットバス6選」の4枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/

寝たまま使える!ぽかぽか足で疲労回復 「アサヒ 脚温器 ぽかぽか足湯デラックス」

水やお湯を使わない、電熱式の足湯器。水を使用しないので、足をのばした状態や寝転がった状態でも足湯を楽しめます。足湯器の底面には足裏を刺激するコロコロがついており、ツボを刺激することで体のコリをもみほぐし、筋肉痛などによる痛みを和らげます。しかも、最大60分のタイマー付きなので、足湯中に眠ってしまっても一安心です。

また、フットカバーが熱を外に逃がさず、体を効率よく温めてくれるので冷え性の方や寒さの厳しい地域にお住まいの方にもおすすめです。

「日々の疲れをじっくり癒す・おすすめフットバス6選」の5枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/

遠赤外線×スチームのW温熱で疲れを癒す 「Panasonic(パナソニック)EH2862P 」

パナソニックによる遠赤外線ヒーター付きスチームフットスパ。本体にコップ一杯分の水を加えることで蒸気が発生し、つま先からくるぶしまでを優しく包み込みます。温浴には体の芯まで温める遠赤外線スチーム浴モードとスチーム浴モードがあり、2段階の温度調節もできるため、その日の気分で使い分けができます。

また、くるぶしまですっぽり包むタイプのフットスパは掃除が面倒だという声もありますが、EH2862Pはケースが180℃開くのでお手入れや足の出し入れも簡単です。

「日々の疲れをじっくり癒す・おすすめフットバス6選」の6枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/

温熱とツボ押しの相乗効果で血行促進!「boltz エアーマッサージャ」

人気のデザイン家電メーカーによる、温熱機能付きフットマッサージャー。「指定管理医療機器認証番号」を取得するなど、マッサージやツボ押しによる疲労回復をはじめとする効果・効能が正式に認められています。(参照:【公式】LOWYA

また、足裏ヒーターを搭載し、足の裏全体をぽかぽかと温めながらコリをもみほぐし、ツボを刺激してくれるのでより効率的に血の巡りを良くし、固まった筋肉を柔らかくすることができます(ただし、ヒーター単独での使用は不可)。

「日々の疲れをじっくり癒す・おすすめフットバス6選」の7枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/

「第二の心臓」足の裏をフットバスでリフレッシュ!

「日々の疲れをじっくり癒す・おすすめフットバス6選」の8枚目の画像
Photo on VisualHunt

ホットフットバス6種を紹介しました。いかがだったでしょうか。
足の裏には体の重要なツボが集まっており、昔から「第二の心臓」と呼ばれています。足の裏を温めることで体全体のコンディションを高める効果も期待できるので、最近お疲れの方はフットバスを取り入れてみてはいかがでしょうか。

参考サイト

▼開く

関連トピック

トピックから記事を探す

関連するおすすめ記事

昨日のアクセスランキング

前日に人気のあった記事一覧

人気ランキング

ピックアップ記事

Digmo編集部おすすめの記事一覧

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

Digmoおすすめの特集

特集一覧

人気のトピック

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP