そろそろ、”一生モノ時計”を身に着けるべき時が来た!

ビジネスで部下が増えたり、大きなクライアントの担当を任されたり、自分の企画が通り責任者になったり、プライベートでは何かそろそろ転機が訪れそう、という状況ならば、そろそろ“一生モノの時計”を身に着けませんか?

最近はスマホで時間を確認できるので時計を持たない、という人も増えていますが、時計はファッションとしてだけではなく、ビジネスマンとして身だしなみの象徴的アイテム。社会的信用が変わってきます。時計をつけていなかったり、チープな時計を着けていると、ちょっと引かれる年齢と立場になってきたあなた!

そろそろ“一生モノ”時計を手に入れて、あなたのセンスと立場に相応しい身だしなみで印象を高めましょう。

”一生もの時計”を選ぶ上での3か条

“一生もの時計”とは、自分へのご褒美として買うのももちろんアリですが、ビジネスシーンでも使うことを想定すると「人に不快感を与えない」そして「どんなシーンでも浮かない」ことが大前提です。

その条件をクリアできるための、“一生もの時計”を選ぶ上での3か条はこちらです!

フェイス(文字盤)は、アナログで!目盛りや数字があるものをチョイス!

出典: pixabay.com

時計の顔、と言える文字盤「フェイス」。デジタルタイプは避け、アナログタイプをチョイスするのが基本中の基本です!

また、遊びゴコロが全面に出ているカジュアルな雰囲気の文字盤は、一生モノ時計としてはふさわしくありません。ビジネスシーンでも使うことを考えると、そもそもの時計の役割、“時を知らせる”機能が正確であることが大前提。目盛りや数字、マークがない無地の文字盤タイプは避けましょう。

ベルトの素材は、金属製 or レザー 限定でチョイス!

出典: pixabay.com

ベルトは、フォーマルシーンでも浮かない、金属製かレザー製のものを選び、落ち着いた雰囲気と高級感があるものにしましょう。よりフォーマル色を強めたいならば、黒革ベルトのタイプを選びましょう。

カラーは、シックなカラーをチョイス!

出典: pixabay.com

色選びも重要です。“一生モノ”時計は、シックなカラー「黒・白・シルバー・メタル」などのシックなカラー限定で選ぶのが断然おすすめ!POPなカラーは避けて。

時計をコーデの差し色、ポイントとして時計を使いたい時は、“一生モノ時計”よりもリーズナブルな別の時計で楽しむ、と役割を完全に分けて考えましょう。

一生モノ時計を買うならこれ!メンズおすすめ腕時計 10選

この条件をクリアしていて30代〜40代のビジネスマンにおすすめしたい、この先30年以上使えるような“一生もの時計”でおすすめしたい腕時計をご紹介します。ビジネスシーンで使えることが大前提、相手に不快感を与えることがない上におしゃれな時計10選、行ってみましょう!

【ハミルトン】ブロードウェイ オート クロノグラフ

アメリカの老舗ブランド「ハミルトン」。時を正確に刻む時計として、鉄道用時計や軍用時計、航空用時計、航空時計として採用されていて、デザインのかっこよさと機能性で世界中で人気が高いモデルです。

12時位置に30分計、6時位置に12時間計、9時位置にスモールセコンド、3時位置に曜日と日付窓を備えて実用性も抜群、特に人気なのは、ケースが43mmの男らしいサイズ感のモデルです。

ハミルトンを着けているのは、こちらの方々

オメガ スピードマスター

オメガと言えばこれ!というメジャーなモデル「スピードマスター」。アポロで月に同行する栄誉を与えられた時計で、現行モデルは正式に「ムーンウォッチ」という名がついています。スピードマスターの中のトップモデル「スピードマスター プロフェッショナル」は現在も手巻き式のクロノグラフです。

オメガを着けているのは、こちらの方々

【タグホイヤー】アクアレーサー 300m

タグホイヤーと聞くと、モータースポーツを連想する人が多いかと思いますが、こちら「アクアレーサー」は、その名の通り、水の世界からインスピレーションされて誕生しています。ビジネスシーンでは使うことがないとは思いますが、水深300mまで対応してくれるタフな時計です。

カラー展開は、黒とネイビーの2色がベース。ネイビーがあるってなかなかの実力です!!!

タグホイヤーを着けているのは、こちらの方々

【ブライトリング】クロノライナー

スイスの老舗、ブライトリングからは「クロノライナー」をおすすめ!最新特殊素材を使用し、パイロットの時計にも採用されているほどの正確性とかなり強靭さが強みのクロノライナー。

細かく編まれたようなベルトは、繊細で上品なルックスと強度を増している機能性、その二面性がどちらも魅力のモデルです。

ブライトリングを着けているのは、こちらの方々

【ロレックス】サブマリーナ

絶大なブランド力、知名度、そして品質が魅力のロレックスからおすすめなのがこちら、女子からもひと目で「ロレックス」と分かるモデル「サブマリーナ」。1953年にダイバーズウォッチとして登場して以来、使い心地のよさからビジネスシーンも似合う腕時計としての地位を不動のものにしています。

ロレックス サブマリーナを着けているのは、こちらの方々

【ロレックス】オイスター パーペチュアル

ロレックスに魅力を感じているけれど、サブマリーナよりもっと落ち着いた雰囲気がいい、という方におすすめしたいのがこちら「オイスターパーペチュアル」。スーツスタイルにしっくり馴染みます。

スッキリとした印象でフェイスはとっても見やすく使いやすいモデル。ゴツくないので大きめな時計を着けたい女性からも支持されています。

ロレックス オイスター パーペチュアルを着けているのは、こちらの方々

【IWC】パイロットウォッチ

スイスとアメリカのいいとこ取りでアメリカ人が作ったブランド「IWC」。ポルシェやメルセデスAMGとのコラボなど、新しいことにトライしつつもアンティーク時計が根強く支持されている新旧どちらも人気があります。

こちら「パイロットウォッチ」はシンプルで無駄を省いた構造が、一生モノ時計としてぴったり。ベルトはレザーとステンレススチールの2タイプ展開されています。

IWC パイロットウォッチを着けているのは、こちらの方々

【セイコー】アストロン

世界中の時計好きが崇める、と言っても過言ではない「アストロン」。ひと目見て、この重厚さとかっこよさで独特のオーラを放っている、存在感のある時計です。世界初のGPSソーラーウォッチで、遥か2万キロ離れた衛生の電波もキャッチし反応。正確性だけでなく、そのロマンにもグッと来る腕時計です。

【セイコー】アストロンを着けているのは、こちらの方々

【セイコー】グランドセイコー スプリングドライブ

セイコーが手掛ける、特別な高級部門がグランドセイコー。飽きの来ない、スッキリシンプル、クラシックなフォルムを動かすのは最新技術。

セイコーが誇る「スプリングドライブ」搭載モデルです。機械式時計同様にぜんまいの解ける力を動力源としながら、調速機構はクオーツのメカニズムである水晶振動子からの正確な信号によって精度を制御している、ハイブリッド型時計です。

グランドセイコー スプリングドライブを着けているのは、こちらの方々

【シチズン】ザ・シチズン エコドライブ

セイコーと合わせて世界に誇れるシチズンの「エコドライブ」シリーズモデル。その名から想像できますが、電池が一切不要、光を蓄電しその力で動きます。わずかの光でも蓄電でき、フル充電してあれば暗い所でも半年動ける、という超高性能な時計です。

スポーティなモデルもシンプルなモデルもラインナップさえていて、好みに合わせて選びやすいという点もメリットです。

ザ・シチズン エコドライブを着けているのは、こちらの方々

愛着が持てる腕時計を選び、最高の腕時計と共に、高みを目指そう

いかがでしたか?今回おすすめした腕時計は、老舗で世界的に名前が知られているブランドの時計ばかりです。なぜ世界的に知名度が高いのかというと、いいものを作りたい、と、ものづくりをとことん追求する時計職人達によって時計が作られ、何年たってもブランドバリューが色あせないブランドだからです。

どの時計も素敵で人気がありますが、“一生モノ時計”として「あなた自身が愛着が持てるモデルを選ぶこと」が最も大切です!こだわって作られた最高の腕時計と共に、あなた自身が納得できる、あなたにとってより高みの人生を目指してみてくださいね。

あなたにおすすめの特集

ビジネス用高級腕時計から休日用腕時計までをご紹介!
[メンズ] 腕時計特集




関連トピック

トピックから記事を探す

関連するおすすめ記事
 次の記事へ 

昨日のアクセスランキング

前日に人気のあった記事一覧

人気ランキング

ピックアップ記事

Digmo編集部おすすめの記事一覧

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

Digmoおすすめの特集

特集一覧

人気のトピック

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP