フレーバーは全8種類、全国どこでも手に入る

「【2018年版】「glo(グロー)」8種類のフレーバーを徹底レビュー」の1枚目の画像

「glo(グロー)」は2016年12月10日に宮城県仙台市で先行発売され、翌年2017年10月2日から全国で発売されました。

gloはネオスティックと呼ばれるタバコの葉っぱを細長いスティック状に加工されたものを加熱して、その蒸気を吸引する電子タバコ。フル充電で約30回ほど使用できるので、1回1回ポケットチャージャーに入れて充電するIQOSと比べると連続で使用できる点は非常に便利です。

でもやっぱり問題は「味」ですよね。いわゆる「主要3ブランド」と言われるIQOS、Ploom TECH、gloを比べると、gloは最もフレーバーの種類が多い全8種(2018年5月時点)。味の幅が広い分、飽きずに末永く愛用できるはずです。

それでは、一体それぞれどんな味なのか、全8種類フレーバーの香りや後味、特徴を徹底レビューしていきます。

ブライト・タバコ(香ばしいレギュラー)

【公式サイト内の説明】
『上質なタバコ葉をブレンド。軽やかな中にしっかりとした香ばしい味わい。』

多少の香ばしさはあるものの、電子ではないタバコに慣れた人からすると若干もの足りない印象かもしれません。タバコを吸っている感はあるので、「普通のタバコから電子に切り替えるぞ!」というユーザーには向いています。

加熱式タバコ独特の甘みは強く、ここは好き嫌いが別れるところでしょう。
吸い始めは少し薄く、吸った気がしない人もいるかなと思いますが、1箱2箱と吸い続けていれば慣れてくるので問題ないかと思います。

「【2018年版】「glo(グロー)」8種類のフレーバーを徹底レビュー」の2枚目の画像

リッチ・タバコ(深みのレギュラー)

【公式サイト内の説明】
『上質なタバコ葉をブレンド。芳醇で深みのあるリッチな味わい。』

リッチという名の通り、ブライト・タバコ(香ばしいレギュラー)と比べるとずっと味が濃くなっており、深みがあります。ブライト・タバコよりもっとガツンとタバコ感を感じたい人にはこちらがオススメですが、香の深みと味の濃さが増している分、慣れないうちは若干重く感じるでしょう。

また加熱式タバコ独特の甘さはそこまで感じられないようになっているので、「加熱式の甘みが合わない」というユーザーさんに一度試してもらいたいですね。

「【2018年版】「glo(グロー)」8種類のフレーバーを徹底レビュー」の3枚目の画像

スムース・フレッシュ(なめらかメンソール)

【公式サイト内の説明】
『ひんやりミントとバニラのような甘さが絶妙のバランス。なめらかで心地いい爽快感。』

メンソールの中にブライト・タバコで感じた甘みが絶妙なバランスで融合しているフレーバー。

ブライト・タバコで感じるほどの強い甘さはないのですが、メンソールとかすかに感じる甘みが見事にマッチングしており、メンソールユーザーではない私も「これは定期的に味わいたくなる」と感じました。

「【2018年版】「glo(グロー)」8種類のフレーバーを徹底レビュー」の4枚目の画像

フレッシュ・ミックス(爽やかメンソール)

【公式サイト内の説明】
『数種類のミントを上質ブレンド。爽快感とタバコのベストバランス。』

メンソールが半分、レギュラーが半分という印象のフレーバーで、どちらの味わいも楽しみたい人におすすめ。スムース・フレッシュで感じた甘みは特に感じられませんが、吸いごたえはあります。

タバコ感を出しつつ、同時にほのかなメンソールを感じられるという、1本で2度美味しいフレーバーです。「メンソールに甘さは必要ない」「クセのないメンソールがいい」と考える人にはちょうどいいフレーバーでしょう。

「【2018年版】「glo(グロー)」8種類のフレーバーを徹底レビュー」の5枚目の画像

インテンスリーフレッシュ(強メンソール)

【公式サイト内の説明】
『ひんやりミントを贅沢づかい。極上の氷冷感が突き抜ける。』

強めのメンソールでスカッとしたい人にオススメのフレーバー。「氷冷感」のほか、「清涼感」といったクールな言葉が似合うフレーバーです。メンソールが最初からガツンとくるので、初心者には注意が必要かもしれませんが、メンソールが好きな方や、刺激がほしい方にはもってこいのフレーバー。

KOOLを出しているタバコメーカー・BAT社ならではの一品で、KOOLユーザーがgloに切り替えるのであれば、一押ししたいフレーバーです。

「【2018年版】「glo(グロー)」8種類のフレーバーを徹底レビュー」の6枚目の画像

シトラス・フレッシュ(スッキリ香るメンソール)

【公式サイト内の説明】
『ひんやりミントの冷涼感に、シトラスのようなフレッシュな香りですっきり爽快。』

柑橘系の爽やかな香りが特徴的なフレーバーになっています。フルーツ系のフレーバーの中では1番フレッシュ感がありますが、タバコ独特の鼻に抜ける匂いは全く感じられない、ライトな仕上がりです。

吸い始めは、その独特な味わいのためか後味が気になりましたが、1箱ほど吸ってしまえば、むしろ癖になっているかもしれません。他のフレーバーにあるような後味の深い香はあまりありませんが、フルーツ系のフレッシュ感を楽しみたい時はコレが一番いいと思います。

「【2018年版】「glo(グロー)」8種類のフレーバーを徹底レビュー」の7枚目の画像

スパーク・フレッシュ(爽快に香るメンソール)

【公式サイト内の説明】
『ひんやりミントの冷涼感に、プラムのような甘酸っぱい香りがはじける。』

公式サイトでも説明のある通り、プラムのような躍動感のある甘酸っぱさを感じるメンソール。
香水のような匂いもあるので、男女を問わず楽しめるでしょう。

ただ、メンソールは極めて強くなっているので、初めて吸う時はメンソールの主張の激しさに驚いてしまうかもしれません。シトラス・フレッシュ同様、タバコ独特の匂いは全く感じられないフレーバーでした。

「【2018年版】「glo(グロー)」8種類のフレーバーを徹底レビュー」の8枚目の画像

ダーク・フレッシュ(贅沢に香るメンソール)

【公式サイト内の説明】
『ひんやりミントの冷涼感と、完熟グレープのようなリッチなアロマに包まれる。』

箱を開けた瞬間からグレープの香りが感じられるフレーバー。こちらも女性にも好まれそう。
強いメンソールとフレッシュ感がうまくブレンドされ、ケンカすることなく調和しているため、甘ったるさは全くなくスッキリしています。

グレープの香りの爽やかな感じは、香るフレーバーの中でベストに思えるほどの印象でした。その香り高さが、「リッチ」の正体なのかもしれませせん。

「【2018年版】「glo(グロー)」8種類のフレーバーを徹底レビュー」の9枚目の画像

自分のスタイルにマッチしたgloライフを!

「【2018年版】「glo(グロー)」8種類のフレーバーを徹底レビュー」の10枚目の画像

8種類のフレーバーを比較してみました。

同じ加熱式タバコのIQOS比べるとメンソールの種類が豊富なので、自分の好みや気分に合わせて楽しめるのではないかなと思います。値段も420円と周りのタバコと比べても安いので、普段吸うフレーバーと、気分を変えたい時用のフレーバーを持っておくのもいいかもしれません。

今後も新しいフレーバーが発売されていく可能性は十分あるので、その度に試していきながら自分のスタイルにマッチしたフレーバーを選んでいくと幅が広がるのかなと思います。
これからもどんどんgloライフを楽しんで行きましょう!

参考サイト

▼開く

関連トピック

トピックから記事を探す

関連するおすすめ記事

昨日のアクセスランキング

前日に人気のあった記事一覧

人気ランキング

ピックアップ記事

Digmo編集部おすすめの記事一覧

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

Digmoおすすめの特集

特集一覧

人気のトピック

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP