香水は自己演出のための大事なツール

初対面の人と対峙するときは、見た目がすべて。商談でも合コンでも、服装、髪型、笑顔など好印象を与えるために最大限の配慮をしますよね。

そして見た目とともに、もうひとつ忘れちゃいけないのが、ニオイ。嗅覚は五感のなかで唯一情動に直接働きかけるのだそう。嫌なニオイを嗅いだとき、瞬時に「クサッ!」と思うのはそのため。だから嫌なニオイの人に、いい感情をいただかないのは当然のこと。

と、前置きが長くなりましたが、香水を使って、いい香りを纏うっていうことは身だしなみとして必要不可欠。そして相手に与える印象を左右するもの。香水は、洋服と同じように自己演出をするための大事なツールなのです。しかも洋服よりもお金も手間もかからない、ときたら今すぐ香水を買うしかないですよね。

香水の種類

どんな香水を選んだらいいかの前に、香水の種類を覚えておくと便利。香水には香料濃度によってオーデコロン、オーデトワレ、オーデパルファン、パルファンの4種類があります。それぞれ特性に合わせて使い分けできれば、あなたも香水上級者です。

【オーデコロン】

一番濃度が薄いオーデコロンは、濃度1~5%、持続時間は1〜2時間程度と短め。そのため爽やかな香りのものが多く、夏など気温や湿度が高いときに使うのがオススメです。

【オーデトワレ】

一般的に香水といえばオーデトワレのこと。そのため種類が豊富で普段使いに適しています。濃度は5~10%で、持続時間は3時間程度。

【オーデパルファン】

オーデパルファンの濃度は10〜15%で、5時間以上持続しますが、その分香りも強いので、着ける時期や場所に配慮する必要があります。湿度が高くなる通勤電車では迷惑になる場合があるので、避けたほうが無難です。

【パルファン】

15~30%と最も濃度が高く、香水の最上級に位置するのがパルファン。持続時間も長く、なかには10時間近く香るものもあります。着けるときには、1滴だけで十分。それだけで深みのある香りを纏うことができます。

香水選びは好みだけじゃなく、TPOに配慮する

たとえば、爽やかになりたいならシトラス系、セクシーさをアピールしたいならエキゾチックなオリエンタル系、男らしさを表現したいならシプレー系といった具合に、その日の気分で香りてイメチェンが図れるのが、香水のいいところ。

香水選びで重要なのは、自分の好きな香りであること。そして、TPOに合わせること。

いくら人気の香水であっても、好みの香りでなければ着けたときにテンション下がるどころか、気分が悪くなったりすることも。またパルファンのように強い香りは、通勤には不向き。好きな香りであったとしても、パーティなどの華やかな場所で使うのがマナーです。

普段使いに最適なのは、オーデコロンやオーデトワレ。コロンのなかにはドラッグストアで買える1000円程度のものもありますが、それらは学生にゆずって。

社会人が選ぶべきは名のあるブランドでしょ。なかでもフレグランス専業もしくはメゾンブランドがオススメです。専業は当然ながら、名立たるメゾンにも専属の調香師がいる場合が多く、質の高さは折り紙つきです。そしてこれらのブランドは、ボトルデザインも秀逸。置いてあるだけでもサマになります。どうせなら、着けても見てもテンション上がるものがいいですよね!

スメハラにはご注意を

クサイ男がモテないことは当然。
だからといって、体臭や加齢臭を香水で誤魔化そうとするのは言語道断。まずは、清潔にすることは言うまでもありませんが、香水の着けすぎもNG。いくらいい香りでも、過剰なニオイはハラスメントです。あくまでも纏う香りはさり気なく、が鉄則です。

「PENHALIGON’S」ブレナムブーケ

1870年に理髪店兼香水店としてはじまった「ペンハリガン」。2つのロイヤルワラントを保持する伝統と実績あるフレグランスブランドです。チャールズ皇太子やウィリアム王子が愛用しているそう。

この「ブレナムブーケ」は、そんなブランドのなかにあるロングセラー。シトラス系の爽やかな香りから、ウッディーで落ち着いた香りへ変化する、落ち着いたイメージの香水です。

■トップノート:レモン、ライム、ラベンダー、ローズマリー、ユーカリ
■ハートノート:なし
■ベースノート:パイン、ムスク、ブラックペッパー

「メンズ香水は、女子ウケするこの10ブランドで決まり!」の5枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/wish/

「JO MALONE LONDON」ライム バジル & マンダリン コロン

英国発テイラーメイドのフレブランスブランド「ジョー マローン ロンドン」。世界のセレブにも支持される、上品な香りが人気です。

この「ライム バジル & マンダリン コロン」はブランドを代表するフレグランス。爽やかなライムに、刺激的なバジルとホワイトタイムが加わった清涼感のある香りです。朝の目覚めやスポーツのあとなど、すっきりとした気分に着けたい香水です。香りが強くないので、はじめての香水としてもオススメ。

■トップノート:マンダリン
■ミドルノート:バジル
■ラストノート:アンバーウッド

「メンズ香水は、女子ウケするこの10ブランドで決まり!」の6枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/belmo/

「HERMES」ナイルの庭

「エルメス」の香水のなかでも人気の庭シリーズ。その第二弾として作られたのがこの「ナイルの庭」。 そのネーミング通り、ナイル川が育む自然にインスパイされ誕生したのだそう。ナイル川に浮かぶ、自然豊かな小島での散歩をイメージした香りは、とてもナチュラル。

爽やかな柑橘系の香りから、次第に森の中にいるようなみずみずしいグリーンへ変化していきます。そして、最後はほのかに甘い香りに落ち着きます。爽快な自然を感じさせる香りは男女問わずに好まれるので、ユニセックスでも使用できます。

■トップノート:グリーンマンゴー、ロータスフラワー
■ミドルノート:アロマティックラッシュ
■ラストノート:イノセンス、シクラメンウッド

「メンズ香水は、女子ウケするこの10ブランドで決まり!」の7枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/soushian/

「HERMES」ヴォヤージュ ドゥ エルメス

ユニークなボトルデザインの「ヴォヤージュ ドゥ エルメス」。柑橘系の爽やかさにスパイシーさを感じる香りから、ほのかなフローラルへ、そしてウッディなムスクの香りへと変化します。

トップノートにレモンとともにスパイシーな香りが加わることで、軽すぎない深みを感じさせます。そして、甘みを抑えた爽やかなフローラルからウッディへの変化は、知的で落ち着いた大人の男性を想起させます。インテリジェンスな雰囲気を出したいビジネスシーンでオススメの香りです。

■トップノート:レモン、スパイシー、カルダモン
■ミドルノート:ティー、フローラル、グリーン
■ベースノート:ムスク、ホワイトウッド

「メンズ香水は、女子ウケするこの10ブランドで決まり!」の8枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/besba/

「GUERLAIN」ゲラン オム

ブランド180周年の節目の2008年に発売された「ゲラン」の香水「ゲラン オム」。キューバカクテルのモヒートに着想を得たというユニークな香り。

トップノートはモヒートの材料であるライムとミントの爽やかさが香り、わずかに香るラム酒が深みを与えています。そして軽快なシトラスから、セクシーなシダーの香りへ。キューバのような情熱さをアピールしたい、はたまたダンディな紳士を気取りたいと、男らしさをアピールするなら、コレがイチオシです。

■トップノート:ライム、ミント、ラム
■ミドルノート:ベルガモット、グリーンティ、ゼラニウム
■ラストノート:シダー、ベチバー

「メンズ香水は、女子ウケするこの10ブランドで決まり!」の9枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/viporte/

「TOM FORD」パチュリアブソリュ

「トム フォード」のフレグランスのなかでもアイコニックな存在といえば、この「パチュリアブソリュ」。トム・フォードがもっとも愛する香料のひとつであるパチュリを用いた、都会的でミステリアスな香りです。

催淫効果があるといわれるパチュリの香りは、挑発的かつ官能的。主張が強い香りなので好みが分かれるところですが、トム・フォードのアレンジによって都会的な洗練された香りに。フレッシュなローズマリーから、パチュリとウッドの官能的な香りへと変わり、ムスクとレザーの男性的な香りへと落ち着きます。ぜひデートのときにどうぞ。

■トップノート:ローリエ、ローズマリー、モス
■ミドルノート:パチュリ、ガイアックウッド、シピオル、バイオレットウッド、カシミアウッド
■ラストノート:トンカビーン、アンバー、ムスク、レザー

「メンズ香水は、女子ウケするこの10ブランドで決まり!」の10枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/beautyfive/

「CHANEL」エゴイスト プラチナム

「シャネル」の香水といえば、女性であれば「No.5」ですが、男性ならこの「エゴイスト プラチナム」でしょう。華やかで弁舌が立つ人のことをフランス語では「プラチナのような人」と表現するそうで、そんな男性をイメージして作られた香水です。その名の通り、社交的で知的、そして華のある男性を想起させる香り。

トップノートはフレッシュなラベンダーやローズマリーの華やいだ香り。その後クラリセージとゼラニウムのすっきりとした香りへ、そしてウッディなセクシーでエキゾチックな香りへと変化します。

■トップノート:レモン、プチグレイン、ラベンダー、ローズマリー
■ミドルノート:クラリセージ、バーボン、ゼラニウム、ガルバナム、シナモン
■ラストノート:シダー、ベチバー、ラブダナム、サンダルウッド、ムスク

「メンズ香水は、女子ウケするこの10ブランドで決まり!」の11枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/milano2/

「L'OCCITANE」セドラ

南仏プロバンス地方のライフスタイルを提案するコスメブランド「ロクシタン」。この「セドラ」は、南仏のコルシカ島のシンボルフルーツであるセドラを香料に使用。セドラはレモンの原種と言われており、その香りは力強いシトラスのなかに、ほのかにウッディが混ざり、爽やかでいて野性味が感じられます。

そのセドラをトップノートに、ナツメグやジンジャーなどスパイスを効かせ、男らしくウッディ系でまとめた香水です。爽やかなシトラスと、野性味溢れるウッディな香りは女性ウケもバツグンです。

■トップノート:セドラ、ベルガモット
■ハートノート:ナツメグ、ブルージンジャー
■ラストノート:シダー、カシミアウッド

「メンズ香水は、女子ウケするこの10ブランドで決まり!」の12枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/cosmeessence/

「BURBERRY」スポーツ フォーメン

幅広い年齢の男性にオススメしたいのが「バーバリー スポーツ フォーメン」。爽やかさとセクシーさを併せ持ち、大人すぎず、かといって若々しすぎない香りの香水です。

バーバリー・スポーツ コレクションの躍動感を表現したフレグランスコレクションのひとつで、スポーツをしたあとに使いたい爽快な香りが特徴。最初に香るのは、清涼感あるフローズンジンジャーや柑橘系のさっぱりとした香り。次第に華やかな香りからオリエンタルでセクシーな香りへと変化します。

トップノート:フローズンジンジャー、グレープフルーツ、ウィートグラス
ミドルノート:マリンブリーズアコード、レッドジンジャー、ジュニパーベリー
ラストノート:ドライアンバー、シダーウッド、ソフトムスク

「メンズ香水は、女子ウケするこの10ブランドで決まり!」の13枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/b-cat/

「DIOR」ディオール オム

古くから高級な香水の原料に用いられてきたアイリス。優雅なフローラルノートに、スパイシーでウッディなエッセンスが加わった香りは、エレガントな男性をイメージさせます。

センシュアルでセクシーなアイリスは、存在感があり個性的な香りなので、初めての人と会うときに着ければ、印象づけられて、「あの香りの人」って覚えてもらえるかもしれませんよ。

■トップノート:カルモダン
■ミドルノート:アイリス
■ラストノート:ベチバー

「メンズ香水は、女子ウケするこの10ブランドで決まり!」の14枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/thebeautyclub/

自分好みの香水をみつけよう!

香りの好みは十人十色。

そして体調によっても好きな香りは変化するので、いくつか種類を持っておくのもいいでしょう。どれがいいか迷ってしまうという人は、色々な香りを試してみると、自分の好みも明確になります。お試しサイズの香水も売っているので、まずは小瓶からチャレンジしてみるといいですよ。

参考サイト

▼開く

関連トピック

トピックから記事を探す

関連するおすすめ記事

昨日のアクセスランキング

前日に人気のあった記事一覧

人気ランキング

ピックアップ記事

Digmo編集部おすすめの記事一覧

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

Digmoおすすめの特集

特集一覧

人気のトピック

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP