Canonのカメラが最初の一台におすすめな理由 ①

「初心者におすすめのCanon。最初の1台はこの機種」の1枚目の画像
Photo on VisualHunt

Canonのカメラは操作系統が分かりやすく、初心者でもすぐに思いどおりにカメラを操作することができます。もちろん、これには個人差があり、筆者の感じた印象であることは念頭に置いておいてください。

とくにKissシリーズなどのエントリーモデルは必要最小限のボタンで、直感的に操作することができます。言い換えてしまえば拡張性に乏しいということになるのですが、普段の撮影で使用する操作には困ったことはありません。

Canonのカメラが最初の一台におすすめな理由 ②

「初心者におすすめのCanon。最初の1台はこの機種」の2枚目の画像
Photo credit: Kurayba on Visual hunt / CC BY-SA

Canonは、日本国内はもちろん世界中の撮影現場で使われるプロユースのカメラを販売している一方で、初心者向けのカメラの販売にも力を入れています。

現行機種だけでもEOS Kiss X9、EOS Kiss X9i、EOS Kiss X8i、EOS Kiss X90、EOS 9000D、EOS Kiss Mと実に6機種ものエントリーモデルが販売されており、初心者向けのカメラに力を入れていることは一目瞭然です。

エントリーモデル最強スペック「EOS Kiss X9i」

APS-CサイズCMOSセンサーの有効画素数2420万画素のデジタル一眼レフカメラ。映像エンジンは比較的新しいDIGIC7が搭載されています。オートフォーカス測距点は45点で、秒間6枚の連写性能を誇っています。

Bluetoothでスマートフォンと接続することができ、リモート撮影にも対応。Kissシリーズの中では一番性能の高いデジタル一眼レフカメラと言っても過言ではありません。

「初心者におすすめのCanon。最初の1台はこの機種」の3枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/ebest/

現行エントリ-モデルの標準機種「EOS Kiss X9」

Kissの末尾にiがついたものは上位モデルの証ですが、こちらは現行の最新機種の標準モデルとなっています。

APS-CサイズCMOSセンサーの有効画素数2420万画素のデジタル一眼レフカメラで、搭載されている映像エンジンもDIGIC7と、基本性能はX9iと変わりません。オートフォーカスの測距点が9点になり、秒間5枚の連写性能になっています。

その他にもX9iにだけある機能もありますが、初心者の人が気になるような差はありません。その分リーズナブルになっているので、コストパフォーマンスを重視する人におすすめです。

「初心者におすすめのCanon。最初の1台はこの機種」の4枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/biccamera/

風景を撮影するならこれもアリ「EOS Kiss X8i」

X9iの前モデルのX8iは、APS-CサイズCMOSセンサーの有効画素数2420万画素のデジタル一眼レフカメラで、搭載されている映像エンジンはDIGIC6です。

前モデルという事で連写性能などで若干性能は劣ってしまう部分は否めないものの、Wi-Fiによるスマホとの連携も可能でまだまだ現役。前モデルということでリーズナブルなので、浮いた予算でストロボやレンズなどのアクセサリーを買い増ししても良いのではないでしょうか。

「初心者におすすめのCanon。最初の1台はこの機種」の5枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/biccamera/

今回紹介するカメラの中では最新機種!Kissの廉価版モデル「EOS Kiss X90」

Kissの二桁台のシリーズは、機能を最小限に絞ってコストパフォーマンスを追求したモデル。

APS-CサイズCMOSセンサーの有効画素数2410万画素のデジタル一眼レフカメラで、映像エンジンはDIGIC4+です。最低限の出費で、デジタル一眼レフカメラを手に入れたいひとにおすすめです。

「初心者におすすめのCanon。最初の1台はこの機種」の6枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/emedama/

“脱”初心者におすすめなのがこのカメラ「EOS 80D」

こちらは、APS-CサイズCMOSセンサーの有効画素数2420万画素のデジタル一眼レフカメラで、映像エンジンはDIGIC6が搭載されています。

いわゆるハイアマチュア向けモデルで、Kissシリーズよりも性能が良いとされています。さらに、発売から2年ほど経ったこともあり、価格も下がってきたので買い時と言えるでしょう。

ファインダーは視野率が約100%で、kissよりも見やすくなり、連写性能も秒間7枚、防塵防滴などの機能がついています。特筆すべきKissシリーズとの違いは動画性能の高さでしょう。MOV形式でフルHD 30P 90Mbpsで撮影することができます。

「初心者におすすめのCanon。最初の1台はこの機種」の7枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/biccamera/

プロと同等のモデルを使いたいならこれ「EOS 5D Mark IV」

有効画素数約3040万画素35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載した一眼レフカメラで、映像エンジンはDIGIC 6+を搭載しています。

プロのカメラマンの多くがこのカメラを使っていることもありその性能はお墨付き。本格的にカメラを始めたいという人におすすめです。なにより35mmのフルサイズCMOSセンサーは、その解像感がAPS-Cサイズとは違うので、これを体感してしまうと、元には戻れなくなってしまうでしょう。

「初心者におすすめのCanon。最初の1台はこの機種」の8枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/tokka-com/

Kissブランド初のミラーレス一眼「EOS Kiss M」

こちらはAPS-CサイズCMOSセンサーの有効画素数2410万画素のミラーレス一眼。Mシリーズは上位ブランドのEOSシリーズで販売されていましたが、Kissとして販売されるのはこれが初めてです。

映像エンジンは最新のDIGIC 8が搭載されており、従来のカメラよりも解像感が向上しています。4Kの動画撮影もすることができるのでムービーも撮りたい人にもおすすめです。

ミラーレス一眼カメラの性能向上によって、プロの現場でも使われることが多くなりました。近い将来、ミラーレス一眼カメラが主流になるかもしれませんね。

「初心者におすすめのCanon。最初の1台はこの機種」の9枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/biccamera/

一眼レフレンズはレンズを交換して撮影するのが醍醐味!Canonの撒き餌レンズ「EF50mm F1.8 STM」

一眼レフカメラを使う上での楽しみと言えば、レンズが交換できる点です。
レンズを交換することによって撮影時の感覚や、写真の仕上がりもまったく異なるものになります。カメラマニアの中には交換レンズの魅力に囚われて、次から次へと買い替えてしまう人も少なくないのです。

Canonは、そんな交換レンズの魅力を多くの人に知ってもらうために、リーズナブルで高画質なレンズを販売しています。その代表的なレンズがこちら。

F値が1.8なので、いわゆる「一眼レフ」らしい背景がボケた写真を撮ることができます。2015年に発売されたリニューアルモデルのため、オートフォーカスなどのシステムもアップデートされています。Canonユーザー必携の交換レンズと言えるでしょう。

「初心者におすすめのCanon。最初の1台はこの機種」の10枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/edion/

風景などを主に撮影する人におすすめな交換レンズ「EF-S24mm F2.8 STM」

EF50mm F1.8 STMはエントリーモデルに多いAPS-Cサイズ機では、焦点距離が80mmくらいになってしまい、ちょっと狭いと感じる人もいるかもしれません。

とくに風景など広い画角が欲しいという人におすすめなのが、35mm判換算で38mmの焦点距離になるこちらの交換レンズ。薄い形状であることからパンケーキレンズと言われ、重量も125gと軽量で厚さもわずか22.8mmです。

つまりバッグに入れておいてもかさばらないということ。そして最短撮影距離は0.16 mと短いのも特徴です。

「初心者におすすめのCanon。最初の1台はこの機種」の11枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/ec-current/

被写体に30mmまで接近することができるマクロレンズ「EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM」

上記の二つのレンズに比べて多少値段はアップしてしまうものの、マクロレンズも持っていると撮影をさらに楽しむことができるでしょう。

このレンズは被写体に30mmまで近づいてもピントが合うマクロレンズなので、花やペットを接写して絵画のような写真を撮ることが可能です。

被写体に近づいた時に影にならないよう、レンズ先端部にLEDライトが内蔵されているのも嬉しいポイント。35mm換算で焦点距離が約56mmになりF値もF2.8と明るいレンズなので、デートや家族旅行の際にも大活躍するレンズです。

「初心者におすすめのCanon。最初の1台はこの機種」の12枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/biccamera/

初心者にこそおすすめできるCanonのエントリーモデルラインナップ

いかがでしたか?デジタル一眼レフカメラの楽しみはレンズを変えての撮影です。シチュエーションごとに最適なレンズを探ったりすることも楽しくなってくるでしょう。

またCanonユーザーは非常に多いので、同じCanonユーザーとカメラについて語るのも楽しみの一つです。ぜひ、奥の深いカメラの世界を体感してみてください。

参考サイト

▼開く
関連するおすすめ記事

昨日のアクセスランキング

前日に人気のあった記事一覧

人気ランキング

ピックアップ記事

Digmo編集部おすすめの記事一覧

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

Digmoおすすめの特集

特集一覧

人気のトピック

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP