電動バリカンで清潔なヘアスタイルへ

「セルフカット入門におすすめのバリカン7選」の1枚目の画像
Photo on Visual Hunt

社会人の男性にとって、身だしなみは大切なマナー。ボサボサヘアーではなく、清潔感のあるスタイルでよい第一印象を与えたいものですね。そのためには、美容院でのカットだけでなく、自宅で行えるセルフカットも取り入れてみてはいかがでしょうか。

短髪を貫いている人や、サイド・襟足を刈り上げている人。スタイルはさまざまですが、細かな刈りの高さが調節ができる電動バリカンがあれば、セルフカットも朝飯前です。

刈れる幅の設定をチェック!

「セルフカット入門におすすめのバリカン7選」の2枚目の画像
Photo credit: wuestenigel on Visual hunt / CC BY

そんな電動バリカンを選ぶ際は、まず刈りの高さ設定の自由度を購入の基準にするのが一般的でしょう。細かな設定ができるものならスタイリングの幅も広がります。

とはいえ、設定の幅を広げるためにアタッチメントをいくつも使わなくてはいけないのは面倒。できることなら、本体だけで設定を微妙に変更できるバリカンが望ましいですね。

電動バリカンは交流充電式が重要

目的にあった電動バリカンを購入する上で、バッテリー関連のスペックはとても重要です。鏡を見ながらサイド、襟足を刈るときに電源ケーブルがあるのはちょっと不便。となれば充電式で、コードレスのまま使えるバリカンがよいでしょう。

ケーブルがあっても大丈夫、という場合もご注意を。ケーブルで充電するタイプの電動バリカンは、モノによって充電しながらでは使用できないことがあります。

反対に「交流充電式」と呼ばれるタイプなら、ケーブルにつなぎ、充電しながら使用できます。いざという時にもすぐ使えるよう、電動バリカンは交流充電式を選ぶのが得策です。

オススメの電動バリカン9選 

「フィリップス」電動バリカン セルフヘアーカッター QC5115

コームは長さ3mm~21mmまで、2mm単位で調整できるバリカンです。ステンレススチールの刃は耐久性が高く、自動研磨式なので使用者のメンテナンスを減らしてくれます。

コードレスでは使えませんが、電源コードの給電によりパワフルにヘアカット。静音性能もあるので、夜間でも音を気にすることなく使用できます。また、上部がパカっと開くのでお手入れもラクラクです。

「セルフカット入門におすすめのバリカン7選」の4枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/union5255/

「フィリップス」電動バリカン セルフヘアーカッター QC5582

180°回転する独自のヘッドのおかげで、手の届きにくい部位もカットできるセルフカットに特化したバリカン。コームは1mm~15mmまで調整可能。コームなしなら0.5mm単位で調節が可能です。

刃の先端は優しい丸みを持った形状。肌への刺激をなるべく減らし、傷つくリスクを抑えます。もちろんコームの先端も丸型です。

なお、このフィリップス製電動バリカンはワイヤレスで使えます。60分の充電でおよそ60分使用可能。本体をそのまま水洗いできるなど、メンテナンス面での手間のかからなさも魅力です。

「セルフカット入門におすすめのバリカン7選」の5枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/biccamera/

「ブラウン」ヘアーカッター HC5030

BRAUNといえば、男性用のグルーミングアイテムやスキンケアグッズも扱うメーカーとして知られています。このHC5030は充電しながらでも使える「デュアルバッテリー」など、忙しい朝にも対応したバリカン。

コームは小と大の2種類があり、小が3mm~24mm、大が14~35mmまで、17通りに調整できます。しかも、「メモリーセーフティロック」があり、前回使ったときの長さでそのまま設定できるのも嬉しいですね。

「セルフカット入門におすすめのバリカン7選」の6枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/biccamera/

「ヒーローグリーン」プロ仕様ヘアカッター HT350-S 

チタンコーティングされたセラミック刃は、切れ味と耐久性抜群。アタッチメントなしでも1.1、1.4、1.7、2mmで調整でき、4つのアタッチメントを使えば3、6、9、12mmで高さを調節できます。

交流充電式なので、バッテリーチャージしながらの使用もOK。メンテナンスの際は刃だけを取り外して水洗いしましょう。

「セルフカット入門におすすめのバリカン7選」の7枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/vie-up/

「ロゼンスター」RE-531

水洗いできるバリカンやペット用のバリカンなど、創業以来、理容製品一筋47年のロゼンスター社製バリカンです。アタッチメントがなくても、内蔵ダイヤルで8段階まで長さの切り替えが可能。

長さは3、6、9、12、15、18、20、22mmから選べます。また、刈る高さをデジタル数字でモニターに表示するので間違える心配もなし。防滴構造なので、丸ごとの水洗いでも問題ありません。もちろん、交流充電式なので充電しながら使用できます。

「セルフカット入門におすすめのバリカン7選」の8枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/kurashikenkou/

「テスコム」スキカット TC500-W

ボタンを押しながらダイヤルを回して刈りの高さを調整できるバリカン。この機能のおかげで、ヘアカット中に誤動作で設定が変わってしまうことを防げる優れものです。

刈りの高さは1.8mmから40mmまで、驚きの40段階、1mm単位で細かな調節が可能。しかも、ボディ一体型のスキ刈り板をスライドするだけですぐにスキ刈りができます。また、本体も刃も水洗い対応のためお手入れも簡単。

「セルフカット入門におすすめのバリカン7選」の9枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/yourstyle/

「スピーディク」電気バリカン PEACE

電気バリカン専門のメーカー・スピーディク社製の電気バリカンです。この商品、PEACEは理容師などプロ仕様の製品。本体はスリムな形状なので、手の小さい人でも持ちやすく、フィット感があります。

本体はスタンドに立てておけば充電状態に。電源ケーブルなしでの使用はもちろん、ケーブルをつけて充電しながら使うのもOK。電池残量はLEDライトの点滅数で表示されます。また、電源スイッチは長押しで起動。誤って触ってしまったことによる誤動作を防ぎます。

「セルフカット入門におすすめのバリカン7選」の10枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/1096dog/

セルフカットに欠かせないマイ電動バリカン

「セルフカット入門におすすめのバリカン7選」の11枚目の画像
Photo credit: Alan Gee on VisualHunt / CC BY-ND

慣れない人にとっては、セルフカットは難しいかもしれません。始めのうちはカットするたびに鏡で前後左右を確認し、また切る、という流れを意識してください。

また、思い切って一気に刈ってしまうと、ミスしたときに取り返しがつきません。トラ狩り状態にならないためにも、少しずつ刈っていくことをおすすめします。

参考サイト

▼開く

関連トピック

トピックから記事を探す

関連するおすすめ記事

昨日のアクセスランキング

前日に人気のあった記事一覧

人気ランキング

ピックアップ記事

Digmo編集部おすすめの記事一覧

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

Digmoおすすめの特集

特集一覧

人気のトピック

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP