この夏のサンダルトレンドはアウトドア&リゾート

数年前のグランピングブームに端を発し、昨今は空前のアウトドアブーム。これまでアウトドアに興味もなかった人も、キャンプや登山、ハイキングなどにトライする人が増えました。

そしてファッションも、アウトドアやリゾートテイストが一大トレンドで、特に今夏はその傾向が顕著に現れています。ザ・ノース・フェイスの爆発的な人気がまさにそれ。

さらに、メゾンブランドからもリゾート色が強いデザインが多数発表され、ユニクロがボッテガ・ヴェネタのデザイナー、トーマス・マイヤーとコラボしたリゾートファッションも話題となりました。

アウトドアやリゾートスタイルにぴったりなサンダル

そんな今夏、足元に合わせたいのがサンダル。同じくブームとなっているスニーカーもいいんですが、アウトドアやリゾートシーンでは、やっぱりサンダルがお誂え向き。

で、一口にサンダルといっても、いろいろありますが、ぜひとも今季はコンフォート性に優れたスポーツサンダルがおすすめです。

お洒落なデザインも豊富で、真夏の定番ハーフパンツに合うのはもちろん、足元にヌケ感を出せるので九分丈パンツとも相性がよく、アウトドアシーンはもちろん、街歩きにも小洒落たリゾートファッションにもぴったりなんです。

街にも海にも山にもスポーツサンダル

お洒落なビーチサンダルも多くありますが、ビーチならともかく街でペタペタ音を立てるのはいかがなものかと。

そこへいくと足をしっかりホールドしてくれるスポサンタイプであれば、街履きにもアウトドアにもリゾートにもうってつけ。歩きやすく、軽量、耐久性も高い、なおかつ水にも強くて滑りにくいと街に山に海に川にと大活躍します。ぜひともスポーツサンダルで夏を楽しんでください。

「ザ・ノース・フェイス」ウルトラ ティダル2

N型のストラップが小指からくるぶしまでをしっかりとホールドしてくれる、独自のストラップウェビング構造を採用。そのためアクティブに動き回るシーンでも、安定した歩行が可能。

さらにアーチサポートを搭載した3層構造EVAミットソールによって、しっかりと足にフィット。アウトソールは軽さと耐久性の高い素材を使用するなど、これ以上にない充実の機能。水陸両用なので、海や川へもこれがあればOKです。

「メンズの人気サンダル、2018年に履きたいのはこの8ブランド」の4枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/jeans/

「グラミチ」カクタス フリップ

グラミチが開発した防滑性の高いラバーソールを採用し、同ブランドでも人気が高いサンダル「カクタス フリップ」。

フッドベッドに用いられているのは軽量で柔らかくクッション性にすぐれた素材EVA。これによって吸い付くように足に馴染み、快適な履き心地をお約束。バックストラップがないので、脱ぎ履きしやすく、それでいてウェビングベルトによってしっかりと足をホールドしてくれるスグレモノです。

「メンズの人気サンダル、2018年に履きたいのはこの8ブランド」の5枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/upsports/

「キーン」ユニーク O2

一度見たら忘れられない唯一無二のルックスが印象的な、キーンのシューズ「UNEEK(ユニーク)」。有名セレクトショップが別注するなど人気急上昇中のサンダルです。

2本の紐とソールを組み合わせて作られていて、その見た目はサンダル以上スニーカー未満といったところ。こちらは踵があるタイプのUNEEK O2(オーツー)。アッパーを覆うポリエステル製の紐は伸縮製があるので、足の動きに合わせて変形し足にぴったりとフィットします。

「メンズの人気サンダル、2018年に履きたいのはこの8ブランド」の6枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/chibasports/

「コロンビア」キープストラップ

足の形状に沿ったフォルムが特徴的なコロンビアのサンダル「キープストラップ」。そのネーミングの通り、耐摩耗性、耐久性に優れたコーデュラファブリックのベルトでしっかりと足をホールドしてくれます。

足場が悪いところでも安心。けがをしにくいようにソールの先端が高くなっていて、つま先をしっかりとガード。こういったディテールまで配慮された作りが、さすがは信頼性の高いアウトドアブランド製といえるでしょう。

「メンズの人気サンダル、2018年に履きたいのはこの8ブランド」の7枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/sportsman/

「テバ」ハリケーン XLT2

足回り、足首の前・後の3点をマジックテープで調整できるユニバーサルストラップシステムを採用し、快適な歩行とフィット感を実現したテバを代表するサンダル。柔らかくクッション性の高いフッドベッド快適な履き心地を可能に。

そのため1日履いていても疲れにくく、ファッション性も高いことから街履き用に愛用する人も多くいます。超軽量で滑りにくいアウトソールを採用しているので、アウトドアでも活躍します。

別注やコラボなど様々なデザインが展開されているので毎シーズン新調するのもおすすめです。

「メンズの人気サンダル、2018年に履きたいのはこの8ブランド」の8枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/auc-jetrag/

「スイコック」CHIN 2

日本のシューズブランド、スイコックのサンダルはショップ店員などファッション感度の高いに人気。光沢のあるナイロンベルトはエレガントさがあり、シンプルでさり気ないブランドタグでさえもなんともお洒落。

スイコックのサンダルといえば、ビブラム社と共同開発したモルフレックスソール。軽量で屈曲性に優れ、グリップ力もあるので滑りにくいのが特徴で、まるでスニーカーのような歩き心地です。ぜひとも一度お試しあれ。

「メンズの人気サンダル、2018年に履きたいのはこの8ブランド」の9枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/z-craft/

「ビルケンシュトック」アリゾナ

240年以上の歴史を持つドイツのフットウェアブランド、ビルケンシュトック。正しい歩き方や足裏のアーチの矯正機能も持つフッドベッドが最大の特徴である同ブランドは、本国ドイツではドラッグストアで販売されていて健康サンダルとして認知されています。

このアリゾナなスタンダードなモデルで年齢問わず履けるシンプルデザイン。お洒落もできて歩き方もスマートになれる一石二鳥なサンダルなんです。

「メンズの人気サンダル、2018年に履きたいのはこの8ブランド」の10枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/cloudshoe/

「シャカ」ラリー

1990年代のアウトドアブーム時に人気だった南アフリカのサンダルブランドSHAKA(シャカ)。2013年に待望の復活をし、当時のアーカイブをベースにしたデザインでまたたくまに人気ブランドに。

シャカのサンダルの特徴といえば、ウェビングテープと厚めのソール。この「ラリー」は4本のウェビングテープで足の甲が覆われていて、サンダルながらもしっかりと足をホールドしてくれる安心感があります。足首はマジックテープで調整が可能です。

「メンズの人気サンダル、2018年に履きたいのはこの8ブランド」の11枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/mischief/

今年の夏はサンダルでお洒落しよう!

人気が高い8ブランドのサンダルをご紹介しましたが、お気に入りは見つかりましたか?

最近のサンダルは本当に機能的で歩きやすく、その履き心地はスニーカーに負けていません。むしろ通気性がいい分、夏はサンダルに分があります。

自分の足にぴったりフィットするサンダルを見つけて、ぜひとも夏のアウトドア&リゾートファッションを楽しんでくださいね。

参考サイト

▼開く

関連トピック

トピックから記事を探す

関連するおすすめ記事

昨日のアクセスランキング

前日に人気のあった記事一覧

人気ランキング

ピックアップ記事

Digmo編集部おすすめの記事一覧

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

Digmoおすすめの特集

特集一覧

人気のトピック

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP