格安SIMの利用者が増えている

最近、大手3大キャリアから格安SIMへ乗り換えを行い、月々のスマートフォン利用料を節約される方が増えてきています。

総務省から発表された、平成29年度第2四半期における『電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表』によると、MVNO(格安SIM提供事業者)の格安SIM契約数が1000万件を突破し、移動系通信の契約数におけるMVNO契約数比率が10%となっていることが報告されています。

電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表
(参照日 2018-07-10)

引用:www.soumu.go.jp

格安SIMを利用するにあたり、何が必要?

それはSIMフリーのスマートフォンです。通常、3大キャリアで購入したスマートフォンはSIMロックという、SIMカードを差し替えてもそのキャリアでしか利用できない仕組みが施されています。

その仕組みが無く、SIMカードを差し替えれば差し替えたキャリアのものが利用できるものがSIMフリースマートフォン。SIMフリースマートフォンはMVNO業者が販売提供しているものを購入して利用するだけではなく、利用者が使いたい自分でスマートフォンを用意して使用できる、というのが最大のメリットです。

端末用意する際には下記の点に注意

【1】対応バンドに注意!

SIMフリーのスマートフォンをご自身で用意する時に注意したいのが対応バンド。 SIMフリーのスマートフォンだからといって、全てのキャリアで快適に通信ができると思ってはいけません。

スマートフォンごとに通信可能な対応周波数帯(バンド)が決まっており、それがご自身が利用する予定のMVNOで利用しているバンドと端末の対応バンドが合っているものが少ないと、すぐ電波状態がよくない状態になってしまう…という事になってしまいかねないので、対応バンドは端末を用意する前に確認しておきましょう。

【2】技適認証を受けているかも確認!

日本で電波を管理している総務省は、通信機器に対して技術基準適合証明(通称技適)を認定しています。

この技適認定を受けていない通信端末を日本で使用する事は違法。 無意識に違法端末を利用しない様に用意するスマートフォンが技適認証を受けている端末かどうかの確認も必要でしょう。

【3】スマートフォンは電池が長持ちしてほしい!

スマートフォンをご自身で用意する場合、一番気になる点は連続駆動時間ではないでしょうか…? いざ調べごとをしたい!となった時にバッテリーの残りが少なく、困った!…という経験をされた方も多いかと思います。

皆さんが良く使われているiPhone8はバッテリー容量が1,821mAhとなっており、一般的にはスマートフォンでバッテリー容量が3,000mAh以上であれば、大きめなバッテリー容量であるといわれています。

そこで、今回は更に大きめなバッテリー容量の4,000mAh以上の大容量バッテリーを搭載したSIMフリースマートフォンをご紹介します。

長時間スマホを操作するあなたへ バッテリー長持ちSIMフリー端末

FREETEL RAIJIN

なんと、5,000mAhという大容量バッテリーを搭載しているSIMフリーのスマートフォン。

Android7.0に対応していて画面のサイズも5.5インチフルHD(解像度1920×1080)と申し分なし。 これだけのパワフルな性能がたった183グラムの軽量な本体に凝縮されています。

「充電せずにたくさん使いたい!大容量バッテリーのSIMフリースマホ6選」の5枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/jtus/

Zenfone 4 Max

バッテリー容量は4,100mAh。 Android7.1.1に対応し、画面サイズは5.2インチのHD(解像度1280×720)です。海外メーカーであるASUS製端末ですが、もちろん技適認証を通過しています。

「充電せずにたくさん使いたい!大容量バッテリーのSIMフリースマホ6選」の6枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/qualityspace/

HUAWEI Mate 10 Pro

バッテリー容量は4,000mAh。 最新のAndroid8.0に対応している。画面サイズが6.0インチ(解像度2160×1080)と大きいのが特徴です。

こちらも海外HUAWEI社製の端末ですが、技適認証を通過しています。 Androidを使いたい方はこちらがおすすめ。

「充電せずにたくさん使いたい!大容量バッテリーのSIMフリースマホ6選」の7枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/emedama/

ASUS ZenFone Zoom S

こちらもバッテリー容量は5,000mAh。 Androidは6.0.1に対応しています。画面サイズが5.5インチのフルHD(解像度1920×1080)。

カメラ機能に特化していてオートフォーカスが最速約0.03秒、背面デュアルカメラを搭載しているというのが特徴です。

「充電せずにたくさん使いたい!大容量バッテリーのSIMフリースマホ6選」の8枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/biccamera/

キャタピラー CAT S41

バッテリー容量は5,000mAh。 Android7.0に対応。画面サイズは5インチのHD(解像度1920×1080)。

このスマートフォンについているキャタピラー社のロゴを建設什器で見かけたことがある方も多いのではないでしょうか? 建設現場でも利用できる防塵・防水性能を兼ね備えたタフなスマートフォンです。

「充電せずにたくさん使いたい!大容量バッテリーのSIMフリースマホ6選」の9枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/mynavistore/

ASUS ZenFone 3 Ultra

バッテリー容量は4,600mAh。画面サイズがこれまでご紹介したスマートフォンより一回り大きい6.8インチのフルHD(解像度1920×1080)です。 大きな画面で快適にブラウジングをしたい方に特におすすめ。

「充電せずにたくさん使いたい!大容量バッテリーのSIMフリースマホ6選」の10枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/dorama/

バッテリーが大きいとどんな作業をするにも安心

今回は大容量バッテリーのスマートフォンを紹介しました。
バッテリーの容量が大きければ外出先でも安心して調べ物をしたり、電話がかけられたりします。 ぜひ参考にしてみてください。


記事の作成日:2018年7月10日

参考サイト

▼開く

関連トピック

トピックから記事を探す

関連するおすすめ記事

昨日のアクセスランキング

前日に人気のあった記事一覧

人気ランキング

ピックアップ記事

Digmo編集部おすすめの記事一覧

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

Digmoおすすめの特集

特集一覧

人気のトピック

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP