Tシャツ選びの基準はコスパ

「コスパも人気も高い!欲しいTシャツはこの8ブランド!」の1枚目の画像
Photo on Visual Hunt

夏ファッションの主役なのにTシャツ選びをなおざりにしている人が多すぎます!!!

Tシャツなんてどこのブランドも同じでしょ、だったら安いものがいいという理由のようですが、安いからってコスパがいいとは限りません。安価なTシャツは耐久性が低かったり、着心地が悪かったりと、安いなりにはそれなりの理由があるわけです。

ですがTシャツにそれほどお金を掛けたくないのもよくわかります。そこでここでは、知る人ぞ知るコスパ良しの人気ブランドTシャツをご紹介いたします。

Tシャツは手入れのしやすいものを

「コスパも人気も高い!欲しいTシャツはこの8ブランド!」の2枚目の画像
Photo on VisualHunt.com

コスパのいいTシャツってどんなのかというと、ガシガシ着られてジャブジャブ洗えて、アイロンいらずで長持ちするもの。

金額だけであれば実は高級ブランドの数万円のTシャツがおすすめ。着心地もよくて耐久性も高いため、意外とコスパは悪くないんです。ですが洗濯機でジャブジャブ洗えないものが多く、手入れに手間がかかってしまいます。

一方、1枚1000円程度のTシャツは前述したとおり、すぐにヨレヨレになってしまうので長くても1シーズンのみの使い切り。さらには洗濯後にアイロンが必要だったりするものも少なくありません。いくら安くてもこれではコスパがいいとはいえません。

これから紹介するブランドのTシャツは、数千円で購入できて高品質で丈夫なものばかり。ほとんどが定番品のため、欲しいときに追加購入できるというのも嬉しい点です。生地感やシルエットなども様々なので、お気に入りの一枚がきっと見つかりますよ。

Tシャツをかっこよく着るには?

シンプルなTシャツスタイルをかっこよくみせるには、小物使いがキモ。サングラス、シルバーアクセサリー、時計、キャップなどを身につけるだけでお洒落に見えます。ただしやりすぎると逆効果なのでご注意を。

サンスペル

映画『007』でダニエル・クレイグ扮するジェームズ・ボンドが着用しているスーツがトム・フォードであることは広く知られていますが、リラックスウェアとして採用されているのが「サンスペル」であることはご存知でしょうか?

創業150年以上を誇るアンダーウェアの老舗「サンスペル」は、英国クラシックスタイルを守り続けているブランド。長い伝統に裏打ちされた確かな技術によって作られるTシャツは、ブランドのアイコン的存在です。

素材に使われているのは、シルクのような光沢と滑らかさを持つ最高級の超長綿。テロンとした質感の高級感漂うTシャツは、ボンドよろしく一枚で着てもカッコよくキマります。

「コスパも人気も高い!欲しいTシャツはこの8ブランド!」の4枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/fermart/

フィルメランジェ

「混ざった色の(Melange)糸(Fil)」という意味のブランド「フィルメランジェ」は、厳選した天然素材で最高の着心地を提供するため、綿の選定、糸・生地・縫製まで自社で行い、徹底して“日本製”にこだわった製品作りを行っています。

このTシャツもまた厳選された素材を用い丁寧に作られています。昔ながらの吊り編み機を使用することで、ゆっくりと空気を含んで編み上げられて、ふっくらとした仕上がりに。丸胴仕様のゆるやかなシルエットなのでゆったりと着られ、細部に施されたヴィンテージ仕様が男ゴコロをくすぐる一枚です。

「コスパも人気も高い!欲しいTシャツはこの8ブランド!」の5枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/usa/

ポロ ラル フローレン

「ラルフローレン」というとポロシャツをイメージする人が多いと思いますが、Tシャツの着心地のよさにも定評があります。

お馴染みのポニーマークが胸元に刺繍されたポロ ラルフ ローレンの定番Tシャツ。無地のTシャツは味気ないですが、ワンポイントがあることでTシャツ1枚でもサマになります。

さらっとした心地よい肌触りで伸縮性もある生地なので、アクティブに動くアウトドアシーンなどに最適。肌があまり透けない、薄すぎず厚すぎずの程よい生地感も嬉しい点です。

「コスパも人気も高い!欲しいTシャツはこの8ブランド!」の6枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/noel-ange/

キャンバー

アメリカ生まれのスポーツウェアメーカー「キャンバー」。生地工場から始まり、スポーツチームのウェアを製作してきたメーカです。

1992年にオリジナルブランドを立ち上げ、その作りの良さからすぐに人気ブランドへと成長しました。このTシャツにもそんなキャンバーのノウハウがたっぷりと詰まっています。

8オンスもある肉厚なコットンを使用し、袖も身幅もゆったりとしたTシャツ。カバーステッチや首から肩にかけてはテーピングで補強するなど頑強な作りとなっています。アメリカブランドらしく無骨なTシャツはガシガシと着られる嬉しい一枚です。

「コスパも人気も高い!欲しいTシャツはこの8ブランド!」の7枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/auc-waiper/

チャンピオン

1919年アメリカ・ニューヨークで創業した「チャンピオン」。米軍の訓練用としてチャンピオンのスウェットが採用され、その後大学生協から学生の間に広がり人気スポーツウェアブランドとなりました。

Tシャツやスウェットに学校名やナンバーをプリントすることを始めたのもチャンピオン。このレタードのサービスは、インナーだったTシャツがアウターとして着られるようになった一因なんだとか。

そんなチャンピオンのTシャツは、米軍にも認められるほどの高品質で、動きやすく、耐久性にも優れています。ピンクやパープルといった他では見かけないカラバリもあるので、重ね着を楽しむのもおすすめです。

「コスパも人気も高い!欲しいTシャツはこの8ブランド!」の8枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/biggwillie/

ヘインズ

ヘインズといば赤タグに代表されるパックTが有名ですが、このビーフィーTもヘインズを代表するTシャツです。

1975年誕生以来、ロングセラーを続けるビーフィーTの最大の特徴は、ヘビーウェイトな生地。肉厚なため耐久性が高く、洗うほどに生地が馴染んで着心地の良さが増していきます。

さらに脇に縫い目がない丸胴編みやタグを使用しないことによって、肌へのストレスを軽減して快適さを実現。究極にシンプルなのに、最高に着心地のいいTシャツです。

「コスパも人気も高い!欲しいTシャツはこの8ブランド!」の9枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/aldo-youhin/

アナトミカ

ファッション業界に多大な影響を与えているピエール・フルニエ氏が主催するパリのコンセプトショップ「アナトミカ」。

同ショップの名前を冠するブランドは、トレンドに左右されない定番品を展開。定番ゆえにシンプルですが、そのなかには妥協のない徹底したこだわりが詰まっています。

このアナトミカの定番Tシャツもシンプルながら細部に至るまでこだわりがみてとれます。12番単糸の肉厚な生地なのに上品さがあるポケT。それはミリ単位で何度も修正を繰り返したことによる、絶妙な丈感と身幅のため。

脇に縫い目のない丸胴仕上げで着心地もバツグン。カジュアルでありながらもエレガンスな大人のためのTシャツです。

「コスパも人気も高い!欲しいTシャツはこの8ブランド!」の10枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/moonloid/

カルバン・クライン

ラフ・シモンズがクリエイティブディレクターに就任して、よりいっそう注目を集めている「カルバン・クライン」。

同ブランドのカジュアルラインである「カルバン クライン ジーンズ」のTシャツは、パッチポケットに縫い付けられたブランドタグがポイント。赤いステッチに赤文字の“Calvin Klein”の文字がよく映えます。

上質なコットン100%を使用していて、肌触りはなめらか。やや薄手でスリムフィットなシルエットは一枚でサラリと着ても品よくまとまります。

「コスパも人気も高い!欲しいTシャツはこの8ブランド!」の11枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/z-craft/

自分の好みにあったTシャツを見つけよう

「コスパも人気も高い!欲しいTシャツはこの8ブランド!」の12枚目の画像
Photo credit: moonhouse on Visual hunt / CC BY

数千円だけど1枚で着てもかっこよくて、洗濯もできて、耐久性が高いTシャツがあるブランドのなかから特におすすめの8ブランドをここではご紹介しました。

同じように見えるTシャツであっても、ブランドによって肌触りやシルエットは違います。自分が好みの質感、体型にあった形を見つけたら、同じものを何枚かストックしてみると重宝しますよ。

参考サイト

▼開く

関連トピック

トピックから記事を探す

関連するおすすめ記事

昨日のアクセスランキング

前日に人気のあった記事一覧

人気ランキング

ピックアップ記事

Digmo編集部おすすめの記事一覧

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

Digmoおすすめの特集

特集一覧

人気のトピック

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP