お洒落にも日除けにも!キャップがマスト!

「お洒落なキャップでもっとアクティブに!」の1枚目の画像
Photo on Visualhunt

お洒落になりたい、カッコよく見られたいという人は、Tシャツにちょっと小物をプラスするだけでお洒落に見えちゃいます。

定番小物はサングラス。掛けてよし、Tシャツの首元にぶら下げてもよし、サングラスを身につけるだけで垢抜けた印象に。ついでにアクセサリーやバンダナを取り入れれば、こなれたTシャツスタイルの完成。

そしてもうひとつ、Tシャツファッションに取り入れたいのがキャップです。

キャップはファッションを引き締める

「お洒落なキャップでもっとアクティブに!」の2枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/crouka/

キャップもファッション格上げアイテムのひとつ。あなたの周りのお洒落な人も、Tシャツにキャップを合わせていませんか? 

白Tシャツに、白スニーカーといった軽い夏の装いにダークトーンのキャップをかぶれば、スタイリングを引き締めてくれます。白などの明るい色のキャップであれば爽やかさがプラス。かぶる以外にもカラビナで腰元にぶら下げるっていうのもよろしいかと。

キャップで紫外線から身を護る

多くの男性が気にしている頭髪事情。強い日差しは髪にも頭皮にも大きなダメージを与えます。だから紫外線によるダメージを避けるためにも、キャップの着用がおすすめ。お洒落もできて、髪にも優しいキャップ、かぶらない手はないですよね。

バレンシアガ

ダッドスニーカーやコンパクトな財布などトレンドアイテムを独自の世界観で展開し、常にファッション界をリードし続けているラグジュアリーブランド「バレンシアガ」。

そして次なるファッショントレンドとして注目されているロゴを用いたアイテムが、早くもバレンシアガから登場。それがこのバレンシアガのロゴが刺繍された、クラシックなベースボールキャップ。

よく見かけるBALENCIAGAの大文字ロゴではなく、小文字を使ったBalenciagaってところがミソ。サイズ調整はバックのベルクロにてどうぞ。

「お洒落なキャップでもっとアクティブに!」の4枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/fermart/

ポロ ラルフローレン

アメリカントラッドに、英国トラディッショナルを採り入れたスタイルで幅広い層に人気の「ラルフ ローレン」。上品さのなかにも無骨さが感じられるデザインは男性の永遠の憧れ。そんなラルフローレンは、カントリー調やアメリカンビンテージも得意とすることころ。

こちらの「ポロ ラルフローレン」のキャップもヴィンテージのような風合いで、いい雰囲気。フロントにはお馴染みのポニー、バッグにはPOLOの刺繍、そしてバックのアジャスターの金具にはPOLOの刻印が施されています。

ベーシックなカラバリを展開しているので、何色か揃えれば着こなしの幅も広がりますよ。

「お洒落なキャップでもっとアクティブに!」の5枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/abjnuts/

ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ

2012年にスタートした日本ブランド「ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ」。高級素材によるカジュアルウェアを得意とするブランドで、ファッション好きから高い支持を得ています。そんなウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレはさまざまなブランドとのコラボを多数展開。

このキャップも「PEANUTS」とのコラボのひとつ。フロントには、サングラスを掛けたスヌーピーが折り紙を楽しんでいるオリジナルイラスト。スヌーピーが折っている折り鶴は、ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレのアイコンというところに遊びゴコロが感じられます。

メッシュ素材なので通気性ばバツグン。爽やかな白と相まって夏にぴったりのキャップです。

「お洒落なキャップでもっとアクティブに!」の6枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/moery/

ニューエラ

1920年創業の「ニューエラ」は世界最大級のヘッドウェアブランドであり、世界で唯一のメジャーリーグ公式キャップブランド。1990年代にストリートファッションが大流行するとともに、ニューエラの人気もまたたくまに全世界に広がりました。

で、ニューエラといえばニューヨーク・ヤンキースの59FIFTY®が定番で有名ミュージシャンなどにも愛用者が多数。この59FIFTY®はメジャーリーガーが試合で着用するモデルで、深めのかぶりと、ストレートなバイザーが特徴的。

この9FIFTY®は、そんな定番キャップをアジャスター仕様にしたモデル。サイズ調整が容易なため、ジワジワと人気が広がっています。

「お洒落なキャップでもっとアクティブに!」の7枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/rds/

シュプリーム

ストリートブランドでありながら、世界のファッションシーンを牽引しているブランド「シュプリーム」。ブランドやアーティストとのコラボも多く、その商品はプレミアになるほど。最近はルイ・ヴィトンとのコラボが大きな話題となりました。

もちろんシュプリームのオリジナルアイテムも大人気で、そのロゴの入ったアイテムを身に着ければお洒落認定間違いなし。

Tシャツやスウェットなどは当たり前なので、人と差をつけるならキャップがおすすめ。フロントにボックスロゴを配した、シュプリームのキャップは個性的かつファッショナブル。

ボディの素材には、軽くて丈夫なリップストップナイロンを採用し、サイズ調整はバックのドローコードにて。ドローコードにSUPREMEの文字が入っているので、サイズをキュッと絞ってコードを垂らしてもお洒落です。

「お洒落なキャップでもっとアクティブに!」の8枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/naked/

ザ・ノース・フェイス

昨今の90年代のストリートファッションリバイバルを受けて、アウトドアブランドへの注目も高まるなか、頭ひとつ抜きん出ているのが飛ぶ鳥を落とす勢いの「ザ・ノース・フェイス」です。

機能性とファッション性を兼ね備えたアイテムは、アウトドアブランドながらタウンユースとしても十分に活用可能。

このキャップもザ・ノース・フェイスらしく高機能。メインには通気性と透湿性に優れたポリエステル、額裏には吸水速乾素材フラッシュドライ3D素材を採用し、汗をかく季節でも快適さを保てます。軽量でコンパクトなので携帯にも最適。

「お洒落なキャップでもっとアクティブに!」の9枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/moose/

ナイジェル・ケーボン

ヴィンテージミリタリーやアウトドアウェアの熱烈なコレクターであるナイジェル・ケーボン氏が、自身の名前を冠してスタートしたブランド。同氏の趣味が色濃く反映された「ナイジェル・ケーボン」のファッションアイテムは、男クサく無骨なデザインで人気を博しています。

このキャップもまたヴィンテージアイテムをベースしたもの。1940年代のアメリカ海兵隊やアメリカ空軍のメカニックキャップから着想を得てデザインされ、ウォッシュ加工が施されたヘリボーン生地を採用することで味のある風合いに仕上がっています。

「お洒落なキャップでもっとアクティブに!」の10枚目の画像出典: shop.r10s.jp

ステットソン

1865年に創業した老舗帽子メーカー「ステットソン」。ウエスタンハットが有名で、古き良きアメリカンスタイルを大切にしながらも、時代のニーズに合わせて変化をして常に新しい帽子を提供してくれるブランドです。

こちらは小さなツバに、かぶりは浅めのカジュアルなキャップ。シンプルな無地の帽子に見えますが、よく見るとペイズリー柄。柄が織り込まれたジャカード生地を使用していて、カジュアルなのに品の良さを感じさせます。

バックベルトはレザー、留め具にはブランドの刻印が施されてバックスタイルまで美しいキャップです。

「お洒落なキャップでもっとアクティブに!」の11枚目の画像

https://item.rakuten.co.jp/auc-elehelm-hatstore/

夏には小物をうまく取り入れてお洒落を

キャップをかぶったことがある人もそうでない人も、ぜひともキャップを取り入れてファッションを楽しんでください。お洒落も楽しめて、髪にも頭皮のダメージもカバーできるキャップは男性にとってのマストアイテムです!

参考サイト

▼開く

関連トピック

トピックから記事を探す

関連するおすすめ記事

昨日のアクセスランキング

前日に人気のあった記事一覧

人気ランキング

ピックアップ記事

Digmo編集部おすすめの記事一覧

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

Digmoおすすめの特集

特集一覧

人気のトピック

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP