アルミお弁当箱は「軽い」「簡単」「きれい」の「3K」

「アルミのお弁当箱で清潔・安心・エコロジーなランチタイム」の1枚目の画像
Photo credit: marcoverch on Visualhunt.com / CC BY

アルミお弁当箱の人気の秘訣、それは「軽い」「簡単」「きれい」の「3K」であることです。
なんといってもアルミニウムはお手入れが簡単!汚れが付着しにくく、プラスチックのように色素が沈着して汚れるということがありません。

また、油汚れにも強く、簡単に洗い流すことができるのも大きな特徴のひとつといえます。
お弁当箱の問題である「お手入れ」が非常に簡単で、常に清潔に保つことができますし、軽くて丈夫なので小さなお子さんが持ち運ぶことにも適しています。

もちろん、男性のお弁当箱として携帯することにも最適で、多少乱暴に扱ってもそうそう壊れることはないでしょう。

さらに、日本人が発明したアルマイト加工をしているとさらに洗いやすく、強度も上がるのでサビに強くて長く使えるお弁当箱といえます。

「電子レンジNG」は過去の話?

「アルミのお弁当箱で清潔・安心・エコロジーなランチタイム」の2枚目の画像

Photo credit: yoppy on Visualhunt.com / CC BY

アルミニウムは電子レンジに入れられないということは、料理をする人なら誰もが知っている常識。
金属をレンジに入れてしまうとスパークして火災になる危険性もあります。

ですが、最近では電子レンジ対応型のアルミニウムのお弁当箱も出てきているのです!
冷めてしまったご飯というのはどこか味気ないものですが、アルミ製なのにレンジで温め直すことができれば、アルミのお弁当箱の弱点はほぼなくなるといえるでしょう。
 

脱プラスチックで地球に優しいお弁当ライフ!

「アルミのお弁当箱で清潔・安心・エコロジーなランチタイム」の3枚目の画像

Photo credit: arbyreed on Visual hunt / CC BY-NC-SA

最近では地球環境を考慮してプラスチック製のストローの使用を避ける動きも出てきていますね。
プラスチック製のお弁当は軽量で安価なのでついつい買ってしまいがちですが、できるだけプラスチックを使わない生活を心がけることで少しだけエコになれますよ。

また、お弁当は地球だけじゃなくお財布にも優しい!
さらに、栄養をバランスよく摂ることができるので、体にも優しい!と良いことばかりです。

また、アルミニウムはリサイクルもしやすく、丈夫で長年使えるので、お弁当箱をどんどん買い換えるということをしなくても大丈夫です。
それどころか、長く使うことで相棒のような愛着が湧いてくるようになります。
 

アカオアルミ THE LUNCHBOX

「THE」という名前がついているランチボックス。
1円玉を作る会社が「これがお弁当箱だ」という強いこだわりを持って世に出したのが、この「アカオアルミ THE LUNCHBOX」です。

通常のアルマイト弁当箱よりも上の蓋を長くすることによって蓋を外れにくい構造にし、なるべく汁漏れを防ぐような設計にしてあります。

どこか懐かしい風合いを醸し出しながら、シンプルで飽きのこないデザインに仕上げてあります。375mlという容量もお腹いっぱいになりすぎない、ちょうどよいサイズです。

「アルミのお弁当箱で清潔・安心・エコロジーなランチタイム」の4枚目の画像

https://www.rakuten.ne.jp/gold/attract/

MARVEL ランチシリーズ

高い熱伝導率を誇るアルミの特性を活かした「MARVELランチシリーズ」。
あの人気のアメコミシリーズMARVELのロゴが、デカデカと全面に入っているデザインは男心をくすぐります。

アルミ素材は熱々のご飯を入れても熱を素速く逃して冷ましてくれるので、雑菌が繁殖する心配がありません。

蓋に汁がこぼれないパッキン付きで安心。
また、蓋はドーム型のためふんわりと食材を盛り付けることができます。
 

「アルミのお弁当箱で清潔・安心・エコロジーなランチタイム」の5枚目の画像

https://www.rakuten.co.jp/gretsch/

ランチボックス ZELT lunch ツェルトランチ

おしゃれなお弁当箱を選ぶなら「ツェルトランチ」がおすすめ。
北欧風のデザインとカラーリングが目を引く、室内でも屋外でもシーンを選ばずに活用することができます。

シンプルな構造でお手入れも簡単なので、長く使うことができる一品です。
容量は意外にもしっかり入る820mlもあります。

「アルミのお弁当箱で清潔・安心・エコロジーなランチタイム」の6枚目の画像

https://www.rakuten.ne.jp/gold/kakko/

アルミ弁当箱 あさイチ

葛飾区の工場で作られた、レトロなアルミのお弁当箱。昔ながらの日本のお弁当といえばコレ!といえる商品です。

質実剛健というイメージのベタなアルミ弁当箱を楽しむなら、これがおすすめです。

町工場の匠の技術が光る形状、蓋をカパッと外せばすぐに食べられるシンプルな構造で、通勤カバンにもスッキリ入れることができますよ。

「アルミのお弁当箱で清潔・安心・エコロジーなランチタイム」の7枚目の画像

https://www.rakuten.co.jp/eco-kitchen/

小判アルミランチ S ホワイト

アルミのお弁当の常識を覆すのが、この「小判アルミランチ」です。電子レンジ対応・食洗機対応という機能性の高さとクールでスタイリッシュなデザイン性を両立させています。

二段になっているので、ご飯とおかずを別々に入れられるだけでなく、400mlという容量も必要十分。ランチベルトでしっかり蓋をホールドしてくれます。

「アルミのお弁当箱で清潔・安心・エコロジーなランチタイム」の8枚目の画像

https://www.rakuten.co.jp/vie-up/

彫和家 名入れOK! アルミお弁当箱 深型 700ml

深いタイプのお弁当箱なのでたっぷり入れられて、アルマイト加工で汚れに強く丈夫で長持ちするお弁当箱です。蓋に取り外しOKのパッキンがついているので汁がこぼれません。

保冷剤を付けて持ち運べば熱伝導率の高いアルミでしっかり冷やすことができます。

名入れサービスもあるので、プレゼントにもオススメです。

「アルミのお弁当箱で清潔・安心・エコロジーなランチタイム」の9枚目の画像

https://www.rakuten.co.jp/hon-waka/

地球に優しく、体にも優しいお弁当生活

節約のためにお弁当を選ぶ方も多いですが、外食に比べ、偏りがちな栄養素をバランスよく摂ることができるというメリットもあります。

また、お弁当を持っていくことはエコロジー活動の一環。
アルミのお弁当箱なら地球を汚すことなくエコロジーで、健康にも良いと良いことずくめです!
 
 
 

参考サイト

▼開く

関連トピック

トピックから記事を探す

関連するおすすめ記事

昨日のアクセスランキング

前日に人気のあった記事一覧

人気ランキング

ピックアップ記事

Digmo編集部おすすめの記事一覧

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

Digmoおすすめの特集

特集一覧

人気のトピック

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP