照明をもっと楽しむなら家具とコーディネートしてみよう

「明るさとデザインがポイント!ダイニング照明で変わる大人の部屋」の1枚目の画像

Photo credit: Mikhail Golub on VisualHunt / CC BY

お部屋のインテリアは家具や壁紙、床で構成されるものと思っていませんか?
 

照明は思いのほか、コーディネートに深く関わるもの。照明器具のデザインを変えるだけでも、お部屋のイメージは大きく変わります。

たとえばシャンデリアならばゴージャス感が生まれ、ペンダントライトならばナチュラルでオシャレなイメージに。スポットライトを効果的に使用すれば、特別感のあるスタイリッシュな空間を作ることもできます。
 

照明の種類に着目し、家具や部屋のテイストに合わせてコーディネートしてみましょう。

電球の色で大きく変わる!自分の部屋に合う照明

電球には「昼光色」「昼白色」「電球色」の3種類があります。それぞれ色の温度が異なり、色温度であるK(ケルビン)の数値が高いほど明るく、白や青色の光を放ちます。
色温度が低いと、暗いオレンジや赤みのある暖色系のカラーになり、明るさも落ち着いたものへと変化します。
色温度が高い順に並べると、以下のようになります。

昼光色
青っぽい冴えた明るい色。作業部屋や物置など、物が見やすいと便利な場所に。

昼白色
ナチュラルな白色。明るさを求めつつも、昼光色ほどのまぶしさが不要な場所に。

電球色
オレンジがかった、あたたかみのある色。寝室や廊下など、最小限の明るさで十分な場所に。

部屋の目的に合わせて照明の色を選ぶと、より快適に暮らしやすくなるでしょう。

照明がもたらす効果でプライベートタイムをより楽しむ

光は人の心理に大きな影響を与えるもの。
朝の明るい太陽の光で体が目覚め、夕暮れ時の穏やかで温かい光は、落ち着いた気分にさせてくれます。
 

照明も同様に、明るさやカラーを意識することで、気持ちを切り替えることができます。

勉強に励みたいときには、目が覚めるようなすっきりとした明るさに。
仕事で疲れたときには、穏やかで優しい照明が適しています。
恋人との甘い雰囲気を楽しみたいときには、キャンドルを灯したかのような、赤みのある穏やかなライトを使用すれば、ムードも高まるもの。
 

照明にこだわることで、プライベートタイムをより楽しむことができるでしょう。

DAKOTA ペンダントライト

レトロな雰囲気を持つDAKOTAのペンダントライトは、部屋の雰囲気を一瞬にしてオシャレに変えてしまうほどの、高いデザイン性が魅力です。

マリンランプタイプを選べば、リゾートスタイルを簡単に作ることも。アメリカ西海岸やカリフォルニア風をイメージさせるのに、ピッタリなアイテムでしょう。

「明るさとデザインがポイント!ダイニング照明で変わる大人の部屋」の4枚目の画像

https://www.rakuten.co.jp/croix/

aina ペンダントライト コルミオ

三角フォルムがスタイリッシュなペンダントライトです。

シンプルでなじみの良いデザインとカラーは、シーンを選ばずにどんなお部屋にも似合うもの。

光沢のないマットなカラーだから、昼のシーンにも優しく溶け込みます。

「明るさとデザインがポイント!ダイニング照明で変わる大人の部屋」の5枚目の画像

https://www.rakuten.ne.jp/gold/kakko/

ペンダントライトクリッパー

ブラックとカラフルな3色をそろえたペンダントライトです。

マットなカラーのため、シックな大人っぽい雰囲気に。
クールになり過ぎず、さり気ないアクセントとして使えるデザインのライトです。


コードを細くツイストして、吊り下げた姿をよりおしゃれなビンテージ風に。複数のライトを連ねて飾れば、カフェ風ダイニングを作ることも。

テーブルの真上に配置すれば、食べ物をよりおいしく見せてくれるため、食事を楽しみたい場所にこそ、欲しい一品です。

「明るさとデザインがポイント!ダイニング照明で変わる大人の部屋」の6枚目の画像

https://www.rakuten.ne.jp/gold/beaubelle/

ボーベル SPICA

星の形をしたペンダントライトは、棚やベッドサイドに置くだけでも楽しめるため、間接照明としても使えます。

ダイニングの天井から吊り下げれば、星空を眺めているようにも。ライトの光とフレームが作り出す優しい陰影が、心を和ませてくれます。


女性にも喜ばれそうな、ロマンのあるおしゃれなライトのため、目につきやすい場所に飾るのもおすすめ。


アクセサリーのような素材カラーは、4色から選ぶことができます。

「明るさとデザインがポイント!ダイニング照明で変わる大人の部屋」の7枚目の画像

https://www.rakuten.ne.jp/gold/beaubelle/

ダクトレール スポットライト

ダクトレールには数種類のスポットライト がありますが、中でも特におすすめしたいのが、スタイリッシュなウッドタイプです。

ウッド素材はお部屋になじみやすさをもたらすだけでなく、光を柔らかくさせる効果も。

シェードはシングルとダブルの2種類あり、好きなデザインを選ぶことができます。

角度を変えてお好みの場所を照らせば、お部屋のデザイン性をぐっとアップさせることができます。

「明るさとデザインがポイント!ダイニング照明で変わる大人の部屋」の8枚目の画像

https://www.rakuten.ne.jp/gold/kyodoled/

プライウッド シーリングファン

シーリングファンと一体化したタイプの照明器具です。

ファンをうまく利用することで、冷暖房の効率をアップさせることも。
空気を循環させて、気持ちの良い空間を作り出します。

明るさと空調を整えたい部屋に、一つあると便利でしょう。

重厚感のある木目調は、男の部屋にもよく似合うデザイン。
存在感がありながらも、ツヤを消した丸みのあるシェードだから、大人っぽい上品さもあります。


木目調の他にもブラックやホワイトもそろえ、テイストに合った4色から選ぶことができます。

「明るさとデザインがポイント!ダイニング照明で変わる大人の部屋」の9枚目の画像

https://www.rakuten.ne.jp/gold/lala-sty/

ボーベル BUTLER

シャンデリアは、女性の部屋にだけふさわしいものと思っていませんか?
ボーベルのこんなシャンデリアならば、スタイリッシュな男の部屋にもよく似合います。

シャープなフォルムとマットなカラーが大人っぽさを演出し、クールで高級感のあるスタイルに。
ゴージャス過ぎないコンパクトサイズのため、お部屋のほどよいアクセントに使えます。

モダンな部屋に、クラッシックなポイントをそえてみたい人にもおすすめです。

「明るさとデザインがポイント!ダイニング照明で変わる大人の部屋」の10枚目の画像

https://www.rakuten.ne.jp/gold/kaiteki-homes/

ヤマギワ Rebio

作家や研究者、デザイナーに愛用されているデスクライトの代表である、バイオライトを思わせる紫色LEDを採用したアイテムです。

バイオライトよりも電球が切れにくく、熱さや電気代コストの問題点を解消させた一品。コントラスをはっきりとさせ、見やすさを実現するため、目が疲れにくいという優れものです。

書斎やワークスペースにピッタリなライトは、デザインもスタイリッシュなため、ダイニングで作業をする人にも。

ホワイトとブラック、2色から選ぶことができます。

「明るさとデザインがポイント!ダイニング照明で変わる大人の部屋」の11枚目の画像

https://www.rakuten.co.jp/wagato/

ボーベル LEDA FLOOR

ボーベルのスポットライトと同タイプの、スタンド型フロアライトです。
2つのタイプを組み合わせて使えば、お部屋のトータルコーディネートがしやすく、まとまった空間作りも可能に。

ナチュラルな木目調インテリアで統一すれば、高級感のある男の部屋を演出することができます。

ライトは3灯あるため、角度を変えて十分な明るさを確保することも。


主照明を使用せず、こちらの間接照明だけ点ければ、ムードあるお部屋を作り出すことができます。

「明るさとデザインがポイント!ダイニング照明で変わる大人の部屋」の12枚目の画像

https://www.rakuten.ne.jp/gold/beaubelle/

Kishima AVAROS

あたたかみのある木目をベースとした、シーリングライトです。

部屋全体を明るく照らす役割を持ちながらも、セードに重なりを持たせているため、こぼれる灯が優しく浮き出します。

木枠や天井に光があふれだし、穏やかな空間に。和のテイストも持ち合わせているため、スタイリッシュな部屋からモダンな部屋まで使えます。

6種類もの天然木から選べるため、自分の部屋に合ったものが選べるはず。
タイマー消灯や明るさ切り替えボタンもついた、機能性も十分に兼ね備えたライトです。

「明るさとデザインがポイント!ダイニング照明で変わる大人の部屋」の13枚目の画像

https://www.rakuten.co.jp/ampoule/

ダイニング照明を変えて部屋をコーディネート

ダイニングに使える照明には、いろいろな種類があります。
ライトの種類だけでなく、選ぶデザインや素材、カラーによっても雰囲気は変わるため、自分の部屋や好みに合うものはどんなものかを、じっくりと考えてみてください。

いろんな照明を見比べ、自分に一番ピッタリなものはどれかを知り、部屋作りを楽しんでみましょう。
 
 

参考サイト

▼開く

関連トピック

トピックから記事を探す

関連するおすすめ記事

昨日のアクセスランキング

前日に人気のあった記事一覧

人気ランキング

ピックアップ記事

Digmo編集部おすすめの記事一覧

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

Digmoおすすめの特集

特集一覧

人気のトピック

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP