目次
  • ▼ 初心者でも、“かっこよく曲がる”ボールを投げてみたい!
  • ▼ ボウリング場で借りられるボールでは、あのカーブは投げられない・・・
  • ▼ はじめてのマイボールは「重さ」と「推奨レーン状態」をポイントに選ぼう!
  • ▼ 愛好家は何球も持ってるマイボール。だからこそ気軽に選んで、スコアUP!
  • ▼ 参照サイト一覧

初心者でも、“かっこよく曲がる”ボールを投げてみたい!

会社のイベントや学生時代の友人と久々にボウリングに行ったら結構楽しくて、またボウリングをやりたくなった、なんて話を聞きます。

そして、ハマり始めると出てくるあの願望・・・そうです、こんな風に「ボールに回転をかけたい!」「ボールをカーブさせたい!」という気持ちになります。この回転、いくらボウリング場に通いつめてボウリング場にあるボールで練習を積んだとしても、ほとんどできないのです!

ボウリング場で借りられるボールでは、あのカーブは投げられない・・・

実はボウリング場にあるボールと売っているボール(いわゆる“マイボール”になるボール)では素材や構造が違い、ボウリング場にあるボールは曲がりにくい素材でできています。そして、サイズも自分にぴったりではないのでこれでうまくなろうとは茨の道。

回転をかけたりフロアをすべるような球を投げたいならばマイボールを手に入れるしかないのです!

そこで今回は、学生時代は買えなかったけど今なら買える!思い切ってマイボールを持っちゃおう、ということで、はじめてのマイボールにおすすめのボウリングボールをご紹介します。

はじめてのマイボールは「重さ」と「推奨レーン状態」をポイントに選ぼう!

ボウリングのボール、と一言で言っても、素材に重さに構造に、かなり幅広い世界。ボールの種類は、球技No.1ではないでしょうか?素材によって曲がりやすい、曲がりにくい、中の構造によって手前で曲がる、奥の方で曲がる、などボールによってかなり動きが変わってきます。

しかし、はじめてのマイボールでこだわりすぎず、こだわるのは2点だけ

■ボウリング場で借りていたボールより1〜2ポンド重め
■推奨されるレーンの状態が「ドライ〜ミディアム」と書いてあるもの


これは外さずに選びましょう。そして、予算的に高くなってもOKならば、素材は「リアクティブ」(曲がりやすく、マイボールで最も主流な素材)を選ぶといいでしょう。

それでは、おすすめのボウリングボールをご紹介します!

ABS PIN NAVI 2

まずは、ボウリングメーカーAmerican Bowling Service、ABSの人気エントリーモデルからご紹介。PIN NAVI 2です。楽天市場価格で6,000円台から購入できるので、気軽にマイボールデビューしたい人にぴったり。ボウリング場のボールとマイボールの違いを感じらますよ。

ABS 900GLOBAL ブースト

曲がり方がかっこいいボールはこちら、BOOST。冒頭の動画はこちらのボールです。後半の曲がりが特徴的です。4色展開のカラーはいずれも日本限定色。ボール本体のカラーとロゴカラーのコンビがおしゃれ!色によって特製が異なりますが、安定感とキレの両方欲しい人は、インディゴかレッドを選びましょう。

HI SPORTS アップビート

リアクティブ素材のボールは高価なものが多い中、12,000円台から購入でき、プロもそのコスパの高さを評価しているのが、HI SPORTSのアップビート。素直に動いてくれるので、イメージした動きに近い軌道を描いてくれます。

ABS ジャイレーションMRG

ABSが「最高のコストパフォーマンス」と言い切っているのがこちら、ジャイレーションです。コアがハイスペックで、価格と品質との挑戦として開発されたジャイレーション。メーカー希望価格は28,000円ですが、前出の「PIN NAVI2」と同じく楽天市場価格で6,000円台から購入することが可能できるという点も嬉しいボールです。

Brunswick Rhino

ブランズウィックの新作「Rhino」はリアクティブ素材の中でかなりコスパが高いボール。ピンへのアタックの強さがたまらなく爽快!カラーは個性的でおしゃれ。しかも光る、というルックスもパワーも高いポテンシャルを発揮してくれます。

HI SPORTS ROTOGRIP LOCO PEARL

こちらもピンへの当たりが強い系、そして扱いやすいのでパワー不足を感じている人や初心者にピッタリのLOCO PEARL。ロゴがPOPで躍動感があるので、ファッショナブルなボウラーを目指したい人に似合います。パートナーと一緒にマイボールでボウリングを始める人は、このボールをプレゼントするのがGOOD☆

愛好家は何球も持ってるマイボール。だからこそ気軽に選んで、スコアUP!

初めてのマイボール選びは難しいと感じる点が多く、どれがいいのか迷いがちですが、ボウリング愛好家はいくつもマイボールを持っているもの。なので1人1球と重たく考えず、ボール選びをもっと気軽に考えて、気になったボールを選んでみましょう。

今回おすすめしたボールはどれを選んでも、ボウリング場のボールとは全然違うことが実感できますよ。スコアをどんどん上げて、ボウリングをもっと身近に楽しみましょう!

参照サイト一覧

関連トピック

トピックから記事を探す

関連するおすすめ記事

昨日のアクセスランキング

前日に人気のあった記事一覧

人気ランキング

ピックアップ記事

Digmo編集部おすすめの記事一覧

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

Digmoおすすめの特集

特集一覧

人気のトピック

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP