目次
  • ▼ 自分で引越しをするならマストバイなアイテムたち!
  • ▼ 自分の引越しは、想像以上に大変なので、しっかりと計画を立ててやりましょう!

自分で引越しをするならマストバイなアイテムたち!

「自分で引越しをするなら用意したい便利グッズ10選」の1枚目の画像
Photo via Visualhunt.com

これからの季節、転勤などで引っ越しをする方が多くなる時期になります。

そこで、引越し業者に頼むほどの荷物でもなかったり、節約したくて自力だけで引っ越しをしようとすると、「どんなケースにどのように物を収納するか」、「どのように持ち運ぶか」など色んなことを考えなくてはなりません。

そこで、そんな自分での引っ越しをするのに、あった方が絶対便利なグッズをご紹介します。

引っ越しの定番品「ダンボール 引っ越しセット」

引越しに必要な物といったら、最初に思いつくものの一つ、ダンボール。スーパーやコンビニでもらってきたものだけでは足らなかったり、新品のダンボールに入れたいものがある時にとても便利です。

ハンガーに掛かった衣類もそのまま運べる「ハンガーボックス」

ハンガーボックスがあれば、ハンガーに掛かっている衣類をダンボールにそのまま掛けて運ぶことができます。あとで、衣類がしわくちゃになってしまう心配もいりません。

食器に貼り付いて取れない心配はいらない「ふしぎテープ」

こちらのふしぎテープは、テープ同士はくっつくのに、他のものにはくっつかない性質のあるテープ。雑誌等をまとめる時や、食器の保管にもおすすめです。

出来るだけダンボールの量を減らすために「圧縮袋」

自分で運ぶんですから、できるだけダンボールの荷物は減らしたい。そこで、圧縮袋に入れてダンボールを減らすのがおすすめです。

驚くほど荷物を軽く感じる「ラバー軍手」

ダンボールを運ぶ時、手が滑ってしまったり、持ちにくいと感じるのを解消するのが、こちらのラバー軍手。これがあれば、ダンボールも楽につかめて運びやすくなります。

重い荷物を同時に複数持ち運べる「台車」

引っ越しをする時に、あとで用意しておけばよかったと後悔するのが「台車」。台車があれば。重たい荷物も複数同時に運べますし、大変便利です。

家電、家具。これがあれば絶対運べる「キャリーラクダ」

こちらは、ベルトを身体にまいて重たい家具や家電を持ち運びやすくする優れもの。業者さんじゃないのに運ぼうとすると腰を痛めるおそれがありますし、あると便利です。

忘れがちだけど、あると便利「ドアストッパー」

意外とあると便利なのが、ドアストッパー。ドアを誰かがおさえていなきゃいけない手間がなくなると、作業もスピードアップします。

引っ越し終了後は、ストレス発散にも使える「気泡緩衝材」

ぷちぷちの名で親しまれている「気泡緩衝材」。食器や割れ物、壊したくないものに巻きつけられるので、あったら便利です。

引越しが終わったら「引越しそば 二八そば」

最後に忘れてはならない「引越しそば」。引越しそばは、江戸時代に二八そばをご近所に配ったことから、その名がつき、今では引っ越したらお蕎麦を食べる風習になっています。

自分の引越しは、想像以上に大変なので、しっかりと計画を立ててやりましょう!

「自分で引越しをするなら用意したい便利グッズ10選」の12枚目の画像
Photo credit: cambodia4kidsorg via VisualHunt / CC BY

いかがでしたか?自分でやる引越しは、想像以上に大変なので、しっかりと計画を立てるのと、今回ご紹介したような便利グッズを活用して、スムーズでストレスのない引越しを実現して下さい!

関連トピック

トピックから記事を探す

関連するおすすめ記事

昨日のアクセスランキング

前日に人気のあった記事一覧

人気ランキング

ピックアップ記事

Digmo編集部おすすめの記事一覧

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

Digmoおすすめの特集

特集一覧

人気のトピック

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP