目次
  • ▼ 最近革靴のお手入れをしていますか?
  • ▼ 革靴のお手入れをする前に、準備をしましょう
  • ▼ お手入れの方法
  • ▼ 革靴のおすすめお手入れグッズのご紹介
  • ▼ これで、お手入れはばっちりですね

最近革靴のお手入れをしていますか?

毎日、履いているその革靴、最近お手入れしていますか?忙しいなどの理由で、なかなかお手入れできていない人も、これを機に、革靴のお手入れをしましょう。

足元は意外と目立つので、お手入れされている靴だと、見た目も気持ちよく、履いている本人も快適な気分になります。

また、初対面の人に対しても、革靴のお手入れができていると「礼儀がなっていて、信用できる人」として好印象をもたれます。

そこで、今回は革靴のお手入れ方法とおすすめグッズをご紹介します。

革靴のお手入れをする前に、準備をしましょう

まずは、革靴のお手入れをする準備をしましょう。

用意するもの
■シューズキーパー
■ブラシ(2種類)
■クリーナー
■クリーム
■クロス

お手入れの方法

まずは、靴の中に、シューキーパーを入れます

以下の写真のように、革靴に形をキープしておくシューズキーパーを入れます。靴紐がついている場合には、紐の隙間のほこりもとるために、紐をほどいて、取ってしまうことをおすすめします。

準備完了。お手入れ開始!まずは、ブラシから

次に、ブラシを用意して、革靴に付いたほこりを取り除きます。写真は紐がついたままですが、取ってから行うのをおすすめします。あくまでも力を入れすぎずに丁寧にしましょう。

古いクリームを落とす

次に、革靴についている古いワックスやクリームを取り除きます。クリーナーを適量出して、布に付けます。このとき、写真のように指に布を巻くと取り除きやすいです。そして、丁寧に靴をなでてクリームを取り除きましょう。この作業によって、次につけるクリームの浸透をよくさせます。

新しくクリームをぬる

そして、汚れを取り除いた靴に、新しくクリームを付けます。布で付ける場合、布に適量のクリームを付けて、円をかくようにくるくると靴に付けます。体温によって、クリームの浸透をよくさせたい人は、素手で行うこともできます。

「革靴の手入れ方法を徹底解説!お役立ちおすすめグッズ10選」の6枚目の画像

http://item.rakuten.co.jp/primeavenue/873721/

塗ったクリームをブラシで靴になじませる

クリームを布や素手で付けたら、今度はブラシでそれをなじませます。

「革靴の手入れ方法を徹底解説!お役立ちおすすめグッズ10選」の7枚目の画像

http://item.rakuten.co.jp/hanaweb/10005725/

クロスで磨く

ブラシで余計なクリームを取ってなじませたら、クロスを使って、靴を磨きます。

お好みでピカピカになる鏡面磨きをしたい人は

通気性が多少損なわれますが、つま先部分をピカピカし仕上げたい人は、鏡面磨きをおすすめします。鏡面磨きのやり方は、「水をつま先部分に数滴つけてから、布に付けたクリームを少量ずつ、つま先部分に円を描くようにつけます。」この作業を数回繰り返して、指にひっかかりがでてきたら、具合を見て完成です。

「革靴の手入れ方法を徹底解説!お役立ちおすすめグッズ10選」の9枚目の画像

http://item.rakuten.co.jp/casadepaz/shbl-0401-0005/

革靴のおすすめお手入れグッズのご紹介

革靴のお手入れの手順がわかったところで、大活躍間違い無しのおすすめお手入れグッズをご紹介します。

おすすめシューキーパー 「コロニル シューキーパー」

こちらは、革靴の形を崩さないようにキープしてくれるシューキーパー。こちらをシューズに入れることで、これから行う作業をやりやすくします。

ほこりを取り除くおすすめブラシ「コロンブス ジャーマンブラシ3」

こちらは、ちょっと硬めの馬毛のブラシ。小型のヘッドで、持ち手も持ちやすく高評価の口コミがあるブラシです。こちらで、革靴に付いたほこりを取り除きます。

レザーケアは全く初めてなのでお値段でこちらを選びました。程よい大きさで気軽に使えるので便利です。

引用:review.rakuten.co.jp

おすすめのリムーバークリーム「モゥブレィ ステインリムーバー」

こちらは、とても口コミ評価の高いリムーバーです。皮革表面のクリームなどを優しく落とし、靴を傷めることなくクリームの浸透性をあげます。

スムースレザーの表面についた汚れ、油、ワックスを きれいに落とす靴用汚れ落し。 水性タイプなので皮革にやさしく革をいためない。 靴クリームの浸透性を良くし、通気性を回復させる。 靴磨きには欠かすことの出来ない靴の化粧落とし的な存在。

引用:review.rakuten.co.jp

手頃なお値段でお探しなら「サフィール ビーズワックスファインクリーム」

こちらのクリームは、少し革が乾燥している靴におすすめなクリームです。伸びの良い乳化性クリームで、染料の定着が良く補色効果が高いことが特徴です。

ビーズワックス(ビーワックス)の配合率が高く、革に対する、栄養・保革効果、光沢、汚れ落とし効果があります。お値段が定価900円というのも魅力です。

高級クリームでひび割れを防ぎたい人には「コロニル 1909 シュプリームクリームデラックス」

コロニルの高級クリームは、革を傷ませないようになっているので、革のひび割れも防ぎます。写真は、ブラックですが、カラーレスのクリームもあるので、茶色や他の色の革靴でも使うことができます。素手で触ってもべたべたしないので、扱いやすいです。

クリームをなじませるブラシのおすすめ「モゥブレィ プロホワイト」

こちらは、クリームをなじませるブラシなので、豚の毛でできたブラシです。このブラシによって、余計についたクリームも取り除きます。

おすすめのクロス「コロンブス グローブシャイン クロス」

こちらは、コロンブスのクロスです。手を入れられるようになっているので、磨きやすくておすすめです。

おすすめの鏡面磨きクリーム「サフィール ビーズワックスポリッシュ」

こちらは、爪先部分をピカピカにしたい人にはおすすめです。高級カルナバワックスと蜜ロウ(ビーズワックス/ビーワックス)ベースの伝統的な高級靴クリームです。 深みのある上質なハイグロス(光沢)や風合いを演出します。また、同時に優れた保革効果も与えるので、お手入れの仕上げにぴったりです。

モウブレィ 靴磨きセット

全て一式揃っている本格的な革靴お手入れグッズが欲しい方は「モウブレィ 靴磨きセット」がおすすめです。高い品質と使いやすさから人気のシューケアブランド、「M.MOWBRAY」の製品がセットになった商品です。

これで、お手入れはばっちりですね

いかがでしたか?これらを参考に、革靴のお手入れをしましょう。お手入れされた靴を履けば、新品でなくても心地良いですし、なんだかシャキッとした気持ちになります。

参考サイト

▼開く

関連トピック

トピックから記事を探す

関連するおすすめ記事

昨日のアクセスランキング

前日に人気のあった記事一覧

人気ランキング

ピックアップ記事

Digmo編集部おすすめの記事一覧

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

Digmoおすすめの特集

特集一覧

人気のトピック

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP