今から夏にかけて大活躍するエスパドリーユって?

Photo credit: ocean.attic via VisualHunt / CC BY-SA

「エスパドリーユ」とは、フランス語でスペインとフランスの国境であるバスク地方の農作業用の靴が発祥です。主な製造国はスペインとフランスとなっています。1960年頃にイヴ・サンローランがコレクションでエスパドリーユを発表して以来、現在のようにファッションアイテムとして広く使われ始めるようになったとも言われています。

デザインの特徴は、底がジュートという麻素材でできていることと足の甲部分がキャンパス素材などでできている靴という点です。夏用のスリッポンタイプの靴と言えば、分かりやすいでしょうか。

エスパドリーユの魅力

そして、エスパドリーユは、サンダルと同様素足で履けて足が蒸れにくいのも魅力の一つです。また、見た目はスリッポンのように足の指が隠れているので普通のサンダルよりもキレイめに履くことができます。

まさに、大人の夏の足元にぴったりです。しかも今の時期から先取って履けるので長く履いて楽しめます。

そこで、今回はおすすめの大人エスパドリーユをご紹介します。その前にインスタグラムを参考に、おすすめの大人のエスパドリーユの履きこなし方を見てみましょう。

大人のエスパドリーユの履きこなし方

グレーのエスパドリーユを履いたコーデ

こちらは、ブラックデニムにグレーのエスパドリーユを履いているコーデです。デニムでもキレイめになりますね。

黒のエスパドリーユを履いたコーデ

こちらは、チェックシャツにブルーのジーンズを合わせて黒のエスパドリーユを履いているコーデです。スニーカーを合わせるより涼しげで、サンダルよりもキレイめに仕上がっています。

青のストライプ柄のエスパドリーユを履いたコーデ

こちらは、ネイビーのTシャツに白のパンツを合わせて青のストライプ柄のエスパドリーユを履いたコーデです。爽やかな見た目で柄物のエスパドリーユでも大人な履きこなし方ができていますね。

茶色のエスパドリーユを履いたコーデ

こちらは、デニムTシャツにデニムを合わせて茶色のエスパドリーユを履いたコーデです。茶色のエスパドリーユを合わせることで適度に力の抜けた大人のキレイめコーデになっています。

おすすめの大人エスパドリーユ10選

おすすめの履きこなし方を見たところで、さっそくおすすめの大人エスパドリーユをご紹介します。どんな風に履きたいかをイメージしながら、ご覧ください。

リーズナブルに定番を手に入れるなら「ソルドス オリジナルダリ」

こちらは、ソルドス オリジナルダリです。ソルドスはアメリカのブランドで、リーズナブルな値段が魅力となっています。そして、こちらのエスパドリーユのデザインは定番のデザインなので最初の一足を定番ものにしたい人におすすめです。

エスパドリーユ好きで知らない人はいない「トムス Original Classics」

こちらは、トムス Original Classicsです。アメリカ発のブランド・トムスのエスパドリーユは街でも人気です。カラバリもあるので、服装に合わせて変えてもいいですね。人気のエスパドリーユが欲しい人におすすめです。

定番とはちょっと違ったものなら「カスタニエール デニムブルー」

こちらは、カスタニエール デニムブルーです。カスタニエールは、スペインとフランスの国境であるバスク地方で誕生し1927年に創業したブランドです。夏にぴったりな爽やかなカラーでコーデのポイントにもなります。定番とはちょっと違ったエスパドリーユが欲しい人におすすめです。

ローファーのような見た目がおしゃれなものなら「カスタニエール スエード エスパドリーユ」

こちらは、カスタニエールのスエード エスパドリーユです。カスタニエールは、スペインとフランスの国境であるバスク地方で誕生し1927年に創業したブランドです。そして、こちらは甲の部分がスエード生地のエスパドリーユでローファーのようにも見えるデザインが素敵です。

素足で普通のローファーを履くことに抵抗がある人でもこちらのエスパドリーユなら素足で履けるのでおすすめです。

靴に近い見た目のエスパドリーユなら「ガイモ ゴア付 エスパドリーユ CAMPESINO」

こちらは、ガイモ ゴア付 エスパドリーユ CAMPESINOです。ガイモは、スペインのアルネドで1978年に創業したシューズブランドです。そして、こちらは麦わらで編まれたようなデザインがおしゃれなエスパドリーユです。定番のエスパドリーユより靴のような見た目なのでキレイめ度が高く見えますね。

靴に近い見た目でエスパドリーユを探している人におすすめです。

高級感のあるエスパドリーユなら「ガイモ 別注CAMPANARIO エスパドリーユ」

こちらは、ガイモ 別注CAMPANARIO エスパドリーユです。ガイモは、スペインのアルネドで1978年に創業したシューズブランドでこちらはCAMPANARIOと別注したエスパドリーユです。金具が甲の部分についていて普通のエスパドリーユに高級感が追加されたデザインが大人な印象です。

普通のエスパドリーユじゃ物足りない人におすすめです。

http://item.rakuten.co.jp/arknets/10020600/

靴作りの街で創業したブルカリーニのエスパドリーユなら「ブルカリーニ 1007」

こちらは、ブルカリーニ エスパドリーユです。ブルカリー二は、スペインの伝統的な靴作りの街エルチェで創業したブランドです。手作業で作られているのでどこか温かみのあるデザインがいいですね。甲の一部がボーダーになっているのもおしゃれです。

紫やカーキなどあまり見ないカラーを探しているという人にもおすすめです。

遊び心のあるエスパドリーユなら「ケンゾー エスパドリーユ M61541」

こちらは、ケンゾー エスパドリーユ M61541です。ケンゾーは高田賢三が設立したファッションブランドで日本だけでなく世界でも有名ですよね。そして、こちらのエスパドリーユは目がたくさんあるデザインなので遊び心のあるものを探している人におすすめです。

こだわりのエスパドリーユなら「ジミーチュウ エスパドリーユ VLAD BLACK」

こちらは、ジミーチュウのエスパドリーユ VLAD BLACKです。ジミーチュウはお財布やカバンでも人気のイギリス発の高級ブランドです。そして、こちらは黒地のスエードに小さいスタッズが付いているおしゃれな一足です。こだわったエスパドリーユが欲しい人におすすめです。

品のあるエスパドリーユなら「イヴ・サンローラン ラムスキン エスパドリーユ」

こちらは、イヴ・サンローランのラムスキン エスパドリーユです。イヴ・サンローランはフランスの高級ブランドで日本でもお財布などが人気ですよね。そして、こちらのラムスキンを使用したエスパドリーユは柔らかくて履きやすいのが魅力です。また、ラムスキンなので品のある足元に見えます。

革靴を履くコーデがお好きな人や品のあるエスパドリーユが欲しい人におすすめです。

あなたも今すぐエスパドリーユを履こう!

いかがでしたか。まだエスパドリーユを履いたことのない人も何足も持っている人もこれらを参考にこの夏はエスパドリーユを履きましょう。

革靴やスニーカー、サンダルとはまた違った快適な履き心地&大人のおしゃれが手に入るはずです。ぜひ、色々と試してみて下さいね。

関連トピック

トピックから記事を探す

関連するおすすめ記事

関連する記事

こんな記事も読まれています

 次の記事へ 

昨日のアクセスランキング

前日に人気のあった記事一覧

人気ランキング

ピックアップ記事

Digmo編集部おすすめの記事一覧

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

人気のトピック

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP