シャツのしつこい襟汚れ対策、何かしていますか?

Photo via Visual Hunt

いつの間にか汚れてしまうシャツの襟汚れ…黒ずんでしまったり黄ばんでしまったりして洗濯してもなかなか落ちなくて困った経験ってありますよね。

そして、自宅で洗濯して落ちなかったら、汚れてしまったシャツはクリーニングに出すか諦めてゴミ箱行きになるという選択肢の人が多いのではないでしょうか。

でも、自宅でも正しいグッズを使えばシャツの襟汚れも落とすことができるのを知っていましたか?また、そもそも汚れを付きにくくすることも可能なのです。

そこで、今回はシャツのしつこい襟汚れ対策に便利なグッズをご紹介します。

【シャツの襟汚れ対策におすすめのグッズ7選】

それでは、さっそくシャツの襟汚れ対策におすすめのグッズ7選をご紹介します。汚れが付く前と後、付き方でカテゴリ別にご紹介するので、用途別にご覧ください。

汚れがついてしまったら使いたいおすすめグッズ3選とその使い方

ある程度の汚れならこれで一撃「東邦 ウタマロ石けん」

こちらは、東邦のウタマロ石鹸です。弱アルカリ性で蛍光増白剤が配合されており、白い衣類にはその威力を発揮しますが、きなりやオフホワイトなどの淡色の衣類は白っぽくなることがあります。また、変色や色落ちのおそれもあるので使うときはには衣類の確認をしましょう。

■使い方
まず40度以上のぬるま湯にシャツを浸します。その後、汚れている部分に直接石けんを付けて手で軽くもみ洗いをします。その後、石けんを洗い流していつも通り洗濯機で洗います。

こちらは、実際にウタマロを使って汚れを落とした方のシャツの写真です。上がビフォー、下がアフターですがきれいになっていますね。

こちらも実際にウタマロを使って、アウターの襟の汚れを落とした方の襟の写真です。シャツよりも厚い生地のアウターの襟の汚れもしっかりと落ちていますね。

台所用洗剤は実は万能「ライオン チャーミーマジカ 除菌+」

こちらは、ライオン チャーミーマジカ 除菌+ 220mlです。えっ、中性洗剤?と思うかもしれませんが、意外と襟汚れにも使えるのです。

■使い方
まず、まず40度以上のぬるま湯にシャツを浸します。その後、汚れている部分に直接洗剤を付けて手で軽くもみ洗いをします。その後、洗剤を洗い流していつも通り洗濯機で洗います。もっと汚れを落としたい場合、漂白剤が使える素材なら漂白剤につけてから洗ってもいいでしょう。

しつこい頑固な汚れには「地の塩社 アルカリウォッシュ セスキ炭酸ソーダ」

こちらは、地の塩社 アルカリウォッシュ セスキ炭酸ソーダ 500gです。

■使い方
まず、水500mlにアルカリウォッシュ5gを溶かしアルカリウォッシュ水溶液を作ります。そして汚れの部分にアルカリウォッシュ水溶液をスプレーして軽くもみ洗いしてから洗濯してください。

しつこい頑固な汚れを中和作用で取るグッズ2選とその使い方

頑固な汚れは、なかなか落ちません。そんなときはこの方法をお試しになってみてはいかがでしょう。

「マルフク 自然にやさしい重曹」と「ミヨシ 暮らしのクエン酸」を使う方法

■使い方
重曹をお水に適量溶かします。そして、そのお水を古い歯ブラシなどに付けてシャツの汚れに直接付けていきます。次に、クエン酸を適量の水に溶かして汚れにスプレーで吹きかけていきます。

このとき、シュワシュワと音が聞こえてきたらアルカリ性の重曹と酸性のクエン酸の中和作用によって汚れが取れている証拠です。そして、この状況のままいつも通り洗濯をしましょう。おすすめ商品は以下、ご紹介しています。

汚れだけでなく匂いもとれる「マルフク 自然にやさしい重曹」

こちらは、マルフク 自然にやさしい重曹 500gです。襟だけでなく、袖にも使え匂い対策にも使えると定評があります。また、自宅内のお掃除でも活躍するので一つ買っておくと便利です。

重曹とセットで使いたい「ミヨシ 暮らしのクエン酸」

こちらは、ミヨシ 暮らしのクエン酸 330gです。今回ご紹介している襟汚れなどの洗濯物の汚れを取る以外にも、キッチン周りにも使えるので使い道はたくさんあります。

そもそも汚れを付けさせないのが一番!汚れを付けさせないグッズ2選とその使い方

シャツの襟に、汚れが付かないにこしたことはありませんよね。そこで、汚れを予防する方法をご紹介します。汚れを防止して汚れのストレスから解放されましょう。

洗うときにも落ちやすくなる「ジョンソンベビー ベビーパウダー」

こちらは、ジョンソンベビー ベビーパウダーです。赤ちゃんの肌に付けるイメージが強いと思いますが、皮脂汚れが付くのを予防するのに一役買います。

■使い方
シャツの襟に軽く付けるだけです。こうすることで、汚れが付いても落ちやすくなるのでぜひ実践してみましょう。

テープで汚れを完全ガード「八商商事 よごれガードテープ」

こちらは、八商商事 よごれガードテープです。その名の通り襟の汚れをガードするテープで、襟だけでなく袖にも使えます。

■使い方
テープをお好みの長さに切って、貼り付けるだけです。洋服が長持ちするのでおすすめです。

もう襟汚れには悩まない男になる

いかがでしたか。嫌なシャツの襟汚れの落とし方や汚れを防止するグッズとその使い方をご紹介しました。
ご自宅で汚れを落とせれば、クリーニング代の節約にもなりますし、お気に入りのシャツも長く着ることができます。

ぜひ、ご紹介したものを使ってシャツの汚れ対策をしましょう。

参考サイト

関連トピック

トピックから記事を探す

関連するおすすめ記事

関連する記事

こんな記事も読まれています

 次の記事へ 

昨日のアクセスランキング

前日に人気のあった記事一覧

人気ランキング

ピックアップ記事

Digmo編集部おすすめの記事一覧

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

Digmoおすすめの特集

特集一覧

人気のトピック

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP