花火をするときは、万全の準備をしましょう

出典: visualhunt.com

花火をするときって、何を用意しますか。意外と後からあれ忘れたとか、あれがあればな〜なんて思うこともあるのではないでしょうか。

そこで、今回は花火をするときにおすすめの花火グッズをご紹介します。

おすすめの花火に必須のグッズ9選

火をつける道具なら使いやすいチャッカマン「東海」

まず、花火をするときに必要なのが花火に火をつけるライターです。ライターだと火と指との距離が近いため慣れない人は怖かったりしますよね。

そこで、チャッカマンなら火と指との距離が離れているため安全にろうそくに火をつけることができるのでおすすめです。

これなら風が吹いても火が消えにくい「バケツろーそく」

次に、先に紹介したチャッカマンを使ってろうそくに火をつけるのが通常の手順だと思います。

こちらの花火用ろうそくなら、バケツにろうそくが入っているため風よけ代わりにもなって、風で火がすぐ消えてしまい何度も火をつけ直すという面倒くささもありません。

風で火が消えることにうんざりしている人におすすめです。

折りたためるバケツなら「ISETO」

そして、花火が終わったら水の入ったバケツに入れて完全に火を消すためのバケツが必要となります。こちらのバケツなら折りたたみ式なので、持ち運びも簡単にできておすすめです。

容量は、7.8Lですので普段の洗濯物をつけおくときにも役立つでしょう。色違いにイエロー、グリーン、ブルーがあります。

2wayで使えて便利な懐中電灯なら「アイリスオーヤマ」

真っ暗な中でろうそくに火をつける作業は危険ですから、懐中電灯を使って手元を照らしてあげる必要があります。

こちらの懐中電灯なら、手元を照らすだけでなく写真のように立ててランタンとして周囲を照らすこともできるので花火も安全にすることができておすすめです。

花火中に虫が寄ってこないように置きたい虫よけなら「KINCHO」

花火をしていると、いつの間にか蚊に刺されていることってありますよね。でも虫を警戒しすぎていては花火を楽しむことはできません。

そこで、蚊取り線香を使って虫が周りに寄ってこないように対策をしましょう。こちらの蚊取り線香なら森の香りがするので快適な花火が楽しめるのでおすすめです。

虫よけをして花火を楽しもう「フマキラー」

花火をしているときに、虫が寄ってこないようにするだけでは心配だというあなたなら虫よけをして花火をしましょう。

こちらの虫よけなら、小さいお子様から大人まで家族みんなで使えるのでおすすめです。

花火のゴミはゴミ袋に入れて持ち帰ろう「ケミカルジャパン」

遊び終わったら、バケツに入った花火もちゃんと持ち帰りましょう。お水を入れたままだと重いので中の花火をゴミ袋に入れて持ち帰ることをおすすめします。

こちらのゴミ袋なら手提げ式で持ち帰りやすいですし、ビニールの取っ手を結ぶのも簡単です。

万が一に備えるために消化スプレーを携帯しよう「初田製作所」

花火をする際に、万が一火が燃え上がったりなどしたら危険ですし心配です。そこで、こちらの商品があればスプレー式で簡単に火を消してくれます。

使わないのが一番ですが、大惨事にならないために携帯しておくことをおすすめします。

ちょっと休憩したいそんなときにあると便利な「Coleman」

ずっと立って花火をしていたら、疲れてしまい座りたい…と思ったときに折りたたみのチェアがあると便利です。アウトドアなどのレジャーにも使えるのであって損することはありません。

色違いのレッドとブラックもあります。

これで花火に必須のグッズはバッチリですね!

出典: visualhunt.com

今回は、花火におすすめの必須グッズをご紹介しました。定番のものから、確かにあったほうがいいなと思うものまであったのではないでしょうか。

ぜひ、これらを参考に必須グッズを用意して花火を安全に楽しんで下さいね。

参考サイト

関連トピック

トピックから記事を探す

関連するおすすめ記事
 次の記事へ 

昨日のアクセスランキング

前日に人気のあった記事一覧

人気ランキング

ピックアップ記事

Digmo編集部おすすめの記事一覧

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

Digmoおすすめの特集

特集一覧

人気のトピック

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP