目次
  • ▼ レコードプレーヤーの強みとは...
  • ▼ レコードプレーヤーを選ぶポイント
  • ▼ レコードプレーヤーの代表メーカーはこれだ!
  • ▼ 最新のレコードプレーヤーはどのようになっている?
  • ▼ レコードの音源を誰とどこで聞くか。音楽の基本に立ち返えられる時間に気づけます。

レコードプレーヤーの強みとは...

「レコードプレーヤーはもはやインテリア!?最新人気機種10選」の1枚目の画像
Photo credit: marfis75 on VisualHunt.com / CC BY

今の時代、音楽再生機器といえばCDプレーヤーやスマートフォンが一般的ですよね。そんな時代でも、いや、そんな時代だからこそレコードプレーヤーを使ってはいかがですか?レコードプレーヤーには他の音楽再生機器にはない強みがあります。

一つ目は音質です。CDプレーヤーやスマートフォンなどのデジタル機器は、音を0と1の2種類の記号で簡略化して再生するため、元の音とは少しずつずれていってしまいます。一方、アナログ機器であるレコードプレーヤーは音源そのものを流れるように再生するので、アーティストのライブをよりリアルに聞く事ができます。

二つ目は部屋のインテリアとしておしゃれな点です。レコードがくるくる回っているだけで、なんだか温かみを感じるだけでなく、部屋全体がおしゃれに見えてきてしまいます。

三つ目は自分でカスタマイズできる点です。デジタル機器は売り場に出ているものが完成形です。一方、レコードプレーヤーはカスタマイズすることで全く違う音を楽しむことができます。アンプやケーブル、針までも自分で好きなものを選んで組み立てることができるので、自分好みの音を作り出すことができます。

レコードプレーヤーを選ぶポイント

「レコードプレーヤーはもはやインテリア!?最新人気機種10選」の2枚目の画像
Photo credit: Eleaf on VisualHunt.com / CC BY

レコードプレーヤーを買おうと思っている人に注意してほしいことが一つあります。それは、`レコードプレーヤーだけでは音楽は聞けない`ということです。

レコードプレーヤーはレコード盤にある音を読み取る機械です。読み取った音を実際に聞くためには別にアンプとスピーカーが必要です。

音に強いこだわりがある方は、別々にレコードプレーヤー、アンプ、スピーカーを自分好みに一から集めるのがおすすめです。

そうでないレコードプレーヤー初心者の方におすすめなのはスピーカー内蔵型レコードプレーヤーです。こちらを使えば電源をつなぐだけで、レコードプレーヤー単体で音楽を楽しむことができます。

レコードプレーヤーのアナログな感じも楽しみたいけどデジタルの便利さも欲しいという方におすすめなのは、USB接続対応やBluetooth接続対応のレコードプレーヤーです。これらのレコードプレーヤーはスマートフォンやパソコンにも接続できて、音データを取り込むことができます。

レコードプレーヤーの代表メーカーはこれだ!

レコードプレーヤーについてはある程度わかったけど、どのメーカーが良いのかわからないという方のために、2つの代表的なレコードプレーヤーメーカーを紹介します。

DENON

1910年創業の老舗音響メーカーです。放送機器の開発事業が始まりのDENON。かつて天皇が終戦を宣言した玉音放送は、DENONが開発した録音機で録音されたものです。

現在では、ホームシアターからイヤホン・ヘッドホンまでに渡って多くのオーディオ製品を揃えています。

レコードプレーヤーにおいても高級機から、比較的安価な機器まで国内メーカー最大級の幅広いラインナップを取り揃えています。

とうしょう

ポータブルモデルやCD読み込み機能を搭載した多機能レコードプレーヤーに力を入れているのが「とうしょう」です。

レコードだけでなくラジオ、カセット、CDも再生できる機能を搭載しながら、もちろんレコードプレーヤーのレトロな雰囲気も備えている製品を多く取り揃えています。

インテリアとしてレコードプレーヤーを使っておしゃれに決めたいけど、従来のレコードプレーヤーの機能だけでは物足りないという方におすすめです。

最新のレコードプレーヤーはどのようになっている?

近年再び注目を集めているレコード。レコードを家の中で聞くも、旅先で聞くものアナタ次第!レコードプレーヤーを持ち運ぶか、データに変えて持ち運ぶか。そのデータもCDやカセットにも録音できる機器もあります。もちろん、音質にこだわるならハイエンド機器にも手を出したい!シーン別にレコードプレーヤーを一挙に紹介します!

最初に1台試してみるならコレ!ION Audioのレコードプレーヤーはデジタル変換も可能!

日経トレンディでも取り上げられたレコードプレーヤー。スピーカー内蔵で単体でもレコードを聞ける上に、PC接続でデジタル化して音楽をデータ化できるのも利点。コンパクトかつシンプルなデザインで家の中のどこにでも置ける安心感はありがたいですね。現代の若者のニーズを上手くとらえたレコードプレーヤーは必見です。

クラブDJも使っているブランド、オーディオテクニカのレコードプレーヤーで確実な再生に!

現役DJも愛用しているブランド、オーディオテクニカ。自動再生機能もついていてCD感覚で使えるLP。ターンテーブルはアルミダイカスト仕上げで再生速度が常に一定で確実な音源再生ができます。買いやすい価格も嬉しい本格派レコードプレーヤーです。

内蔵バッテリーで持ち運び自由!ION Audioのレコードプレーヤーを持ってどこに行く?

バッテリー内蔵でポータブルタイプのレコードプレーヤー。スピーカー付きなので、コレひとつでどこででもレコード音源を再生できます。例えば海でもレコードの音を流してアップテンポやノスタルジーでなんでもOK。スーツケース風デザインも良いのがキメ手です。

レコードからSDカードまで!正真正銘オールインワンのVERSOSのマルチレコードプレーヤー

家に眠っている殆どの音楽メディアを再生できるオールインワンのレコードプレーヤーです。レコードはもちろん、カセット、CDそしてラジオも聞けるプレーヤー、さらにそれらをデータ化してPCやiPhoneでも再生できます。あの時の音をそのままに。全世代へ向けてのレコードプレーヤーです。

ハイエンド再生機でレコードのすべての音を再生!ELACのレコ-ドプレ-ヤ-で最高の音質を。

ハイエンド再生機で最高の音質をお届けします。シリコンゴム脚で設置場所による振動のブレを抑えます。アルミボディで確実な回転数を実現。真鍮アームで針圧を調整する手間いらず。ミュージシャンが実現したかった音をそのまま聞くことができます。

ミッドエンド機器でもハイエンド顔負けの仕上がりに。DENONのレコードプレーヤー

ミドル機器でもハイエンド顔負けの音質を。ターンテーブルにアルミダイカストと振動吸収ラバーで雑味のないクリアな音質を実現。

フォードのマスタング風デザインのレコードプレーヤーがION Audioから登場!

インテリアとしても最適なフォード1965年製「マスタング」風のデザインレコードプレーヤーの登場です。インテリアとしても最適で、フタを閉めるとレコードプレーヤーと思えないような仕上がりになります。USB出力付きで、iPhoneのスピーカーとしても活躍する逸品です。

とうしょうのレコードプレーヤーはマルチに活躍!カセットもCDも使えるレコードプレーヤー

レコードはもちろんのこと、ダブルCDで、CD→CDの録音も可能なマルチプレーヤーです。家の中に眠っているカセットをデータ音源として復活させることも可能です!大きなディスプレイもついているので、両親へのプレゼントとしても最適で家族みんなで使えるレコードプレーヤーです。

とうしょうのダブルカセット機能付きのレコードプレーヤー。ポータブルカセットにも使えて地域の集まりなどにも最適です!

上記のとうしょうがダブルCDならば、こちらはダブルカセットタイプのレコードプレーヤーです。すべての音源をカセットに録音でき、地域の集まりやポータブルカセットなど、まだまだ登場機会のあるカセットに最新の音源を録音できます。スピーカーセットなので、1台で安心の仕上がりです。

D-Jayのレコードプレイヤーは工作キットで自作!構造を理解しながらお子様と一緒の時間を過ごせます。

お子様と構造を知りながら手作りできるレコードプレーヤー。録音音楽の原点であるレコードについても説明でき、CDまでの進化を伝えればお父さんには尊敬の眼差しが向けられるでしょう。価格も抑えめで、まずはレコードプレーヤーを試しに使ってみたい方にもオススメの一台です。

レコードの音源を誰とどこで聞くか。音楽の基本に立ち返えられる時間に気づけます。

レコードはともすればCDよりも経年劣化が少ないメディアではないかと注目されています。データとしてiPhoneへの持ち出しも可能になっていますので、使い慣れた方法にも溶け込みます。また、音質にこだわってもCDのようにあらゆる機器に個性を出していくことも可能です。廃れたように思いきや、確実に残っていくレコード、この機会に手にしてみませんか。

関連トピック

トピックから記事を探す

関連するおすすめ記事

昨日のアクセスランキング

前日に人気のあった記事一覧

人気ランキング

ピックアップ記事

Digmo編集部おすすめの記事一覧

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

Digmoおすすめの特集

特集一覧

人気のトピック

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP