目次
  • ▼ これだけは外せない!ニンテンドースイッチのおすすめRPG5選
  • ▼ あなたイチオシのRPGを見つけて!

これだけは外せない!ニンテンドースイッチのおすすめRPG5選

「RPG好き必見! ニンテンドースイッチのRPGソフト5選」の1枚目の画像
Photo credit: robertnelson on Visualhunt / CC BY

2017年3月に新型ハードが発売され、長く続いた品切れ状態もようやく終わった「Nintendo Switch」。そんな「Switch」の性能を存分に活かしたゲームタイトルのなかから、選りすぐりのファンタジーRPG、操作性・戦術性の高いアクションRPGをピックアップしました。

間違いなしのマストバイな一本! 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』

『ゼルダの伝説』シリーズ初となる、広いフィールドを自由に動き回れるシステム、通称「オープンエアー」が特徴のアクションRPG。
ポリゴン数は少ないものの、とにかくグラフィックが美しく、草原や雪原、砂漠、火山などの広大なフィールドの見えるところ全てに行くことができます。冒険中に思わず足を止めて見入ってしまうような風景にも必ず出会えるはず。
さらに、『ゼルダ』シリーズならではのマップ上のギミック(仕掛け)も満載。一つひとつのギミックに対して必ず解法が3つ以上存在していることも、今作の自由度を高めています。
『ゼルダ』シリーズ好きが満足できるのは間違いありませんが、これまでのシリーズをやったことのない人、オープンワールドゲームをやったことのない人には特に新鮮に感じられるタイトルとなっています。

「RPG好き必見! ニンテンドースイッチのRPGソフト5選」の2枚目の画像

出典:https://search.rakuten.co.jp

かつてのゲームファンこそ遊んでほしい一作 『いけにえと雪のセツナ』

名作RPG『クロノ・トリガー』を踏襲し、古き良き90年代のテイストを現代によみがえらせた本格RPG。
『クロノ・トリガー』や『ファイナルファンタジー』でおなじみの戦闘システム「アクティブタイムバトル(ATB)」を採用しており、ATBゲージが溜まったキャラクターから順に行動が可能になります。ゲージが溜まる速さはキャラクターによって異なり、単なるターン制バトルとは違う、リアルタイムに近い戦術性が楽しめます。さらに、コマンド選択後にタイミング良くボタン入力を行うことで追加効果が発生するという本作独自の「刹那システム」が戦略性を高めています。
世界観は“雪”を主軸とした雰囲気で統一されており、淡い色合いの繊細なグラフィックと、美しくも切ないピアノの旋律に乗せて、王道ファンタジーの物語が紡がれます。
ややシナリオのボリュームは少なめですが、これは「できるだけ多くの人がテンポ良く遊べてエンディングまでたどり着けるように」との制作側の意図が反映されているため。必ずしもプレイ時間の長さとゲームの面白さは一致しないということを体感させてくれます。

「RPG好き必見! ニンテンドースイッチのRPGソフト5選」の3枚目の画像

出典:https://search.rakuten.co.jp

完璧な再現率に感動! 『聖剣伝説コレクション』

スクウェアのアクションRPG『聖剣伝説 〜ファイナルファンタジー外伝〜』『聖剣伝説2』『聖剣伝説3』を完全移植。特に名作といわれる『聖剣伝説3』はスーパーファミコンでの発売以来、初の移植となっています。
Switch版の特色の一つに、「ミュージックモード」の追加があります。音楽に定評がある『聖剣』シリーズの名曲の数々に触れられるのはファンには嬉しい機能です。
また、ステータスの振り分けやクラス選択などの複雑なシステムも、ゲーム中にいつでもセーブ・ロードができる「クイックセーブ/ロード」という追加機能のおかげで、予備知識がないシリーズ初心者もプレイしやすくなっています。
携帯機で出ているシリーズタイトルも多いだけに、聖剣伝説とSwitchの携帯モードとの相性はバツグン。『聖剣』ファンはもちろん、初めて遊ぶ人でも楽しめること間違いなしです。

「RPG好き必見! ニンテンドースイッチのRPGソフト5選」の4枚目の画像

出典:https://search.rakuten.co.jp

初めてのMMOにもオススメ! 『ドラゴンクエストX』

『ドラゴンクエスト』シリーズ初のMMORPGがSwitchに登場。
Switch版の特徴は、携帯モードでどこでも持ち運びが可能である点。外出先はもちろん、テレビでがっつりプレイも、寝転びながらまったりプレイも自由。長時間プレイすることになるオンラインゲームでは非常に便利で快適です。
「ドラクエは好きだけどオンラインだし……」という理由だけで遊んでいない人はもったいない!ドラクエ恒例の施設である“酒場”にてコンピューターが操作する「サポート仲間」を借りることができ、一人でもメインストーリーを含むほぼ全てのコンテンツを遊ぶことが可能。特にメインストーリーは素晴らしく、変わらないドラクエの世界を存分に堪能できます。
また、後発プレイヤーでも早く上級者に追いつけるような措置が取られているので初心者でも安心ですよ。

「RPG好き必見! ニンテンドースイッチのRPGソフト5選」の5枚目の画像

出典:https://search.rakuten.co.jp

王道RPGを楽しみたいなら『ゼノブレイド2』

オープンワールド型のフィールドを探索するRPG。
満を持して発売されたシリーズ最新作である本作は、16歳の少年の主人公とヒロインの女の子による王道のボーイ・ミーツ・ガール。少年誌にありそうな、良くも悪くも日本製RPGらしいストーリーのなか、『ゼノ』シリーズならではのSF要素も取り入れられています。
戦闘システムが特殊でやや複雑なためゲームの難易度は高めですが、システムを理解できれば戦闘の面白さは格段に増していきます。
あるアイテムを使うことで、共に戦ってくれる「ブレイド」をランダムで入手できるのも本作の醍醐味のひとつ。ソーシャルゲームのガチャシステムのようなもので、このシステムがあることで一緒に旅をする仲間はプレイヤーによって千差万別。ぜひ自分だけのお気に入りのブレイドを見つけて一緒に冒険してみてくださいね。

「RPG好き必見! ニンテンドースイッチのRPGソフト5選」の6枚目の画像

https://search.rakuten.co.jp

あなたイチオシのRPGを見つけて!

「RPG好き必見! ニンテンドースイッチのRPGソフト5選」の7枚目の画像
Photo credit: FaruSantos on Visual Hunt / CC BY-SA

一口にRPGと言っても、素早い判断と操作が要求されるアクションRPGから、戦術性と成長システムを兼ねそろえたシミュレーションRPG、オンラインでつながった仲間と協力してプレイ出来るMMORPGなど、その種類はさまざま。

今後もニンテンドースイッチ向けRPGソフトとして、アトラスの人気RPGシリーズ最新作『真・女神転生V』や、『ブレイブリーデフォルト』制作スタッフが送る完全新作RPG『project OCTOPATH TRAVELER』、アクションRPGの金字塔である『イース』シリーズの最新作『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』など、注目タイトルが続々発売予定となっています。

今回紹介したタイトルは、いずれもシナリオをクリアするだけでも50時間以上遊べるものばかり。重厚なストーリーを堪能できるとともに、質の高い戦闘システムには必ず達成感が得られるはずです。

参考サイト

▼開く

関連トピック

トピックから記事を探す

関連するおすすめ記事

昨日のアクセスランキング

前日に人気のあった記事一覧

人気ランキング

ピックアップ記事

Digmo編集部おすすめの記事一覧

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

Digmoおすすめの特集

特集一覧

人気のトピック

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP