有名腕時計ブランドをおすすめする理由

時間なんてスマホで確認すればいいじゃん! なんて言ってるようではまだまだ甘い。腕時計には男の格を左右する不思議な力があるんです。服や靴は、ファッションに詳しい人でもないかぎり、パッと見ではどこのブランドのものかはわかりません。しかし、腕時計は違います。ちらりと見ただけで、どこのブランドのものかわかってしまうものが多いのが特徴。ファッションが好きか否かで差があれど、男は少なからず腕時計には憧れがあるもの。だからこそ、30歳を過ぎたら、腕時計にはこだわりたい。では、どんな腕時計を選ぶべきか。答えは明確! 有名腕時計ブランドの顔である、代表モデルを手にするのが一番なのです。

仕事のときにも休日にも使える腕時計を選ぶべし

「人気ブランドのおすすめ腕時計、これさえあれば間違いない10本」の2枚目の画像
Photo credit: alexkerhead on Visual Hunt / CC BY

できれば、その日の予定や気分に合わせて、洋服を選ぶように腕時計も着け換えたいものですが、有名腕時計ブランドの一本は決して安くはない! スーツのときはドレスウォッチ、出張にはワールドタイマー機能付き、休日はダイバーズウォッチなんて揃えていてはお金がいくらあってもたりません。

まずは、スーツスタイルでもカジュアルスタイルでも合わせやすい、一挙両得な腕時計を選ぶのが正解。たとえその1本が高額だったとしても、どんなシーンでも使えることを考えると、トータルではコスパがいいんです。さらに、信頼できるブランドであれば、アフターケアも万全ですからね。

スーツスタイル、カジュアルスタイルに合う腕時計

「人気ブランドのおすすめ腕時計、これさえあれば間違いない10本」の3枚目の画像
Photo credit: WatchReviewBlog on Visualhunt / CC BY

では、スーツにもカジュアルにも合わせやすい腕時計とはどんな1本なのか? まずは、デジタルよりもアナログのほうが無難ですね。ただし、どシンプルな三針時計だと、カジュアルスタイルのときにバランスが悪い。普通の人が、スタジャンを羽織ってストレートチップの革靴を履いていると違和感ありますよね、それと同じです。だからスーツにもカジュアルにも合う腕時計には、プレーンな三針ではなく、文字盤に表情のあるクロノグラフなどがおすすめ。また、ケース径は40mm前後がいいでしょう。スーツに合う腕時計の大きさは、平均的な体型の日本人ならケース径40mm以下と言われているので、カジュアルシーンでの着用を考えて、少し大きめを選ぶくらいが丁度いいんです。

タグホイヤー カレラ キャリバー5 WAR211A.BA0782

スポーツと関係が深いタグ・ホイヤーは、なかでもモータースポーツにインスパイアされたモデルを多く展開しています。世界一キケンなモーターレースと称される「カレラ・パンアメリカーナ」へのオマージュとして1963年に製作された「カレラ」もそのひとつ。発売から現在までアップデートを繰り返し、ブランドきっての人気モデルとなっています。こちらは、カレラのなかでも人気が高い三針。洗練されたエレガントなデザインはビジネスシーンにもうってつけです。

「人気ブランドのおすすめ腕時計、これさえあれば間違いない10本」の4枚目の画像

https://search.rakuten.co.jp

ハミルトン アメリカンクラシック バリアント オート

1892年アメリカ・ペンシルバニア州で創業したハミルトン。これは、オーセンティックなアメリカンスタイルデザインを表現した「アメリカンクラシック」コレクションのひとつ。ブラックの盤面にローマ数字のインデックスがクラシカルな印象です。ケース径は34mmと小ぶりなボーイズサイズですが、重厚感のあるデザインなので男性が着用すると、エレガントさが際立ちます。女性も着けられるサイズ感なのでシェア腕時計としてもおすすめ。彼女や奥様と共用すればコスパも良しです。

「人気ブランドのおすすめ腕時計、これさえあれば間違いない10本」の5枚目の画像

https://search.rakuten.co.jp

オメガ
スピードマスター プロフェッショナル ムーンウォッチ クロノグラフ

オメガといえば、スピードマスターがまっさきに思い浮かぶ人も多いブランドの代名詞的な存在。1957年の誕生以来、人気を博しているベストセラーの腕時計です。宇宙空間でも耐えうるとNASAに認定された唯一のクロノグラフで、月面着陸した唯一の時計であることから「ムーンウォッチ」とも呼ばれています。初代から変わらない完成度が高いデザインも魅力のひとつで、多くのビジネスマンに愛用されている腕時計です。これを着ければ、年配の上司との会話のとっかかりになり、腕時計談義に話がはずむかもしれませんよ。

「人気ブランドのおすすめ腕時計、これさえあれば間違いない10本」の6枚目の画像

https://search.rakuten.co.jp

IWC ポルトギーゼ クロノグラフ オートマチック

スイスの高級腕時計ブランド「IWC」のアイコンウォッチ「ポルトギーゼ」は1939年に誕生しました。このポルトギーゼ クロノグラフが登場したのは1998年のこと。この腕時計が人気の理由は、なんといっても美しい文字盤のデザインでしょう。インデックス、ブランド名、針、積算計の調和がとれて配置され、気品に溢れています。とりわけインデックスのフォントはやや丸みをおびながらエレガントさもあり、視認性にも優れている素晴らしいデザインです。

「人気ブランドのおすすめ腕時計、これさえあれば間違いない10本」の7枚目の画像

https://search.rakuten.co.jp

ロレックス サブマリーナ デイト

腕時計好きでなくても一度は聞いたことがある超有名腕時計「ロレックス サブマリーナ」。ダイバーズウォッチでありながらも、スマートで洗練されたデザインはどんなシーン、ファッションにもマッチします。機能面も言うことありません。セラクロベゼルは耐蝕性、耐傷性に優れていて、ほとんど傷がつきません。ブレスレットは工具を使わず簡単に長さが調整できるので、シーンに合わせたサイズ調整が可能です。もちろん、ダイビングにも使えます。

「人気ブランドのおすすめ腕時計、これさえあれば間違いない10本」の8枚目の画像

https://search.rakuten.co.jp

シチズン
アテッサ エコドライブ ダイレクトフライト クロノグラフ

世界の26都市の時刻を簡単に表示できるので、海外に行くことが多い人におすすめしたいのがこの腕時計。時刻合わせは簡単。秒針を見返しリングに並ぶ都市名に合わせるだけで、その都市の時刻とカレンダーを表示できます。また、電池交換不要のエコドライブシステムで、電波時計というの嬉しい。どんな腕時計でも生じる誤差が、この電波時計なら10万年に1秒なんです。傷がつきにくい素材で、9.72mmと薄くて軽いので、快適な着け心地をお約束します。

「人気ブランドのおすすめ腕時計、これさえあれば間違いない10本」の9枚目の画像

https://search.rakuten.co.jp

ブライトリング ナビタイマー ヘリテージ

世界で初めて腕時計のクロノグラフを発表したのがブライトリング。その後、1952年にはこれまた世界初の航空計算尺付きクロノグラフ「ナビタイマー」を発表。管制塔がない時代、パイロットはこの腕時計を着けて空を飛んでいたわけです。こういうロマンある逸話に男は弱いんですよね。このヘリテージモデルは、そんなオールドナビタイマーに通じるクラシカルなダイヤルデザインが特徴。COSC公認の自動巻きクロノグラフムーブメントを搭載していて、その性能もお墨付きです。

「人気ブランドのおすすめ腕時計、これさえあれば間違いない10本」の10枚目の画像

https://search.rakuten.co.jp

パネライ ルミノール ベース 8デイズ アッチャイオ

パネライがイタリア海軍特殊部隊のために製作したのが「ラジオミール」と「ルミノール」。1993年に初めて民間向けのコレクションを発表以来、人気の腕時計ブランドです。これはルミノールをベースにして従来品よりも薄く改良し、自社製の8日巻ムーブメントを搭載したモデル。日付も秒針もない2針時計で盤面は非常にシンプルですが、パネライとひとめでわかるこのデザインこそが買うべきおすすめ理由。44mmと大きめなので、大柄な人がスーツに合わせるとかっこよさが際立ちます。

「人気ブランドのおすすめ腕時計、これさえあれば間違いない10本」の11枚目の画像

https://search.rakuten.co.jp

ウブロ ビッグバン スティール ブルー

異素材を組み合わせたデザインが十八番のウブロ。このビッグ・バンが発表されたのは2005年のこと。その独特の形状が一躍大人気となり、今日まで様々なモデルが発売されています。限定品も多くコレクター心をくすぐられる腕時計です。立体感のあるデザインは存在感がありますが、ブルーを貴重としたデザインが爽やかなので、どんなスタイルに合わせても重たくなりません。ウブロ得意の異素材フュージョンはベルトに。ラバーとブルーアリゲーターを組み合わせています。

「人気ブランドのおすすめ腕時計、これさえあれば間違いない10本」の12枚目の画像

https://search.rakuten.co.jp

ダニエルウェリントン クラシックリーディング ローズ

ファッション感度の高い人ならご存知のダニエルウェリントン。2011年にデビューすると、日本でも人気となった腕時計ブランドです。北欧スウェーデン発祥らしくミニマルなデザインが特徴的。これを着けておけば、おしゃれと思われること間違いありません。価格が手頃なのも人気の理由でしょう。ドレスウォッチの様相を呈していますが、カジュアルにも合わせやすいイマドキなデザイン。ユニセックスでの着用もできるので、コスパとしては最強。最初の一本におすすめの腕時計です。

「人気ブランドのおすすめ腕時計、これさえあれば間違いない10本」の13枚目の画像

https://search.rakuten.co.jp

腕時計選びはセンスが問われます

「人気ブランドのおすすめ腕時計、これさえあれば間違いない10本」の14枚目の画像
Photo on Visualhunt

ビジネスにおいて、多くの人はスーツを着ますが、スーツスタイルはある程度ベーシックなものを選べばそれなりに見えます。靴もまたしかり。ただ、ふとした瞬間に見える腕時計こそ、あなたのセンスの見せドコロなのであります!

参考サイト

▼開く

関連トピック

トピックから記事を探す

関連するおすすめ記事

昨日のアクセスランキング

前日に人気のあった記事一覧

人気ランキング

ピックアップ記事

Digmo編集部おすすめの記事一覧

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

Digmoおすすめの特集

特集一覧

人気のトピック

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP